MENU

創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文学・エッセイ > 親が子どもになるころに

親が子どもになるころに

てんてん、介護問題に直面す。

細川 貂々 著

刊行年月日:2022/06/14
ISBN:978-4-422-93094-7
定価:1,540円(税込)
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:168頁

介護は〈第2の親子関係〉の始まり。

親が子どもになるころに
――てんてん、介護問題に直面す。

*

介護は〈第2の親子関係〉の始まり。

そのときが、とうとうやってきた。

「親は今までのような頼れる存在ではなくなり、
私たちが保護する対象になってしまいました。」

「歳を取るということは、
それは若返ることだなあと思ったんです。
ウチの父は中学1年生くらい。」

*

うつ病を患った夫の闘病を描いたコミックエッセイ
『ツレがうつになりまして。』や
対人関係療法の水島広子医師との共著
「それでいい。」シリーズなどがベストセラーになった
漫画家・細川貂々が、
今度は親の介護問題に直面することに。


遠方でのひとり暮らし、幻聴、妄想、認知症、
年金、資産、制度、施設、入院、緊急事態宣言……


そこから見えてきた、
親と自分のこれからの姿――。


解説:青山ゆみこ
「介護という関わり」
(『人生最後のご馳走』『ほんのちょっと当事者』著者)

はじめに

◆第1話:父のこと
ひとり暮らしの父
そろそろ今後のことを考えてください
異変
だけど
でも
アレ?
いろいろ重なる
それは突然やってきました

◆第2話:訪れた介護問題
考えるヒマもなく
そうこうしているうちに父の症状は急速に悪化
フクザツな気持ち
父の居場所探し
船出

◆第3話:思い返すと父は
どんな人?
いろんなことを思い出す
次の日も電話が来た
そうこうしているうちに父の通院付き添いの日が来た
父が入った施設はこういう所

◆第4話:今度はツレの両親が
ツレの両親
でも新型コロナが流行り出して生活が変わった
ツレの親子関係
ツレの両親の施設探し
ツレの父の施設入居
ツレの母の気持ち
ウチの父、二度目の引越し
ツレの両親、二度目の引越し

◆第5話:親子の関係って?
老後は死んだ後のことじゃない
親との関わりの変化
これから
先のことはわからない

解説:青山ゆみこ「介護という関わり」
あとがき:細川貂々

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]細川 貂々(ホソカワ テンテン)
細川貂々(ほそかわ・てんてん)
1969年、埼玉県生まれ。漫画家・イラストレーター。セツ・モードセミナー卒業。うつ病を患った夫の闘病を描いたコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』が大反響を呼び、2009年にはテレビドラマ化、2011年には映画化される。対人関係療法の第一人者である水島広子医師との共著「それでいい。」シリーズもベストセラーに。現在、兵庫県宝塚市で、生きづらさを抱えた人たちが集う「生きるのヘタ会?」を主宰。近著に『維摩さまに聞いてみた――生きづらい人のためのブッダのおしえ』(釈徹宗監修)など。

関連書籍

ページ:1 / 2

rev rev

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.