TOPICS 更新履歴

2019.05.14
ダウンロードチラシを追加しました。
2020.05.01
「今月のおすすめ本」を更新しました。
2020.04.15
「子どもの本100問100答」を更新しました。
2020.04.03
「今月のおすすめ本」を更新しました。
2020.03.30
2020年度「学校・公共図書館向けブックカタログ」をアップしました。

今月のおすすめ本

おすすめの新刊や話題の書籍を、教育・図書館関係者さまの推薦のことばとともにご紹介します。

決定版 コンピュータサイエンス図鑑

決定版 コンピュータサイエンス図鑑

ヘレン・コールドウェルほか監修/クレール・クイグリー、パトリシア・フォスター著/山崎正浩訳
定価(本体2,000円+税)

プログラミングやソーシャルメディアからデジタル時代の社会問題まで、コンピュータ科学の基本をやさしく学べる入門ガイド。

笑う回文教室

笑う回文教室

せとちとせ著
定価(本体1,800円+税)

回文づくりは小学校国語の授業で採用され、大人にとっても頭のトレーニングになる。切れ味シャープなオリジナル作品と、楽しい絵を満載しながら、つくり方のコツまで伝授。

プラネットアース

プラネットアース――イラストで学ぶ生態系のしくみ

レイチェル・イグノトフスキー著/山室真澄監訳/東辻千枝子訳
定価(本体3,000円+税)

地球の循環と生態系のしくみをオシャレでかわいいイラストで学べる、まったく新しいビジュアルブック。地球環境学の基本をやさしく解説するとともに、世界各地の生態系を地域ごとに紹介。それぞれの地形や気候の特色と生物のサイクルを総合的に知ることができます。元素循環などの高度な内容もイラストでわかりやすく説明しているので、大人から子どもまで、持続可能な環境づくりのために必要な知識を楽しく身につけられます。

推薦のことば(NetGalleyより)

図書館関係者★★★★★
世の中に存在にする”生態系”に関する本で、多分一番オシャレで可愛いです。この素敵なイラストは、「理科が嫌い」、「地理が嫌い」という子どもの興味関心を引き出す1つの手段として有効ではないかと思いました。

副題に「イラストで学ぶ生態系のしくみ」とあったので、「授業で使うなら理科かなあ」と思っていましたが、世界各地の生態系の紹介するパートは、地理の授業でも使えそうです。

教育関係者★★★★★
絵がとても良い。
そして生態系としてパッと思いつくのは、アフリカ大陸のことなのだと自分で気づいた。本来ならば身近な問題として意識すべきことなのに、なぜその理解なのか、それは自分の周りをしっかりそういう視点で見ていないからではないか。

最後に、一人ひとりが出来ることが書いてあるのも良い。

しかし読後、やはり人類の存在が実はこのプラネットアースの存続を脅かす存在なのではないかという思いも強くなった。
様々な自然の脅威、今回のウィルスも人類に下された鉄槌なのではないか。いやそうは思いたくないのだけれど。

恐竜と古代の生き物図鑑

恐竜と古代の生き物図鑑

ダレン・ナイシュ監修/ジョン・ウッドワード著/田中康平監訳/喜多直子訳
定価(本体2,200円+税)

はるか昔、地球には恐竜をはじめ見たこともないような生き物が暮らしていた。化石の写真や復元図など、1000点以上のフルカラー画像とともに最新研究から解明された古生物の驚くべき世界を紹介。

図説 モネ「睡蓮」の世界

図説 モネ「睡蓮」の世界

安井裕雄著
定価(本体3,400円+税)

最初期の作品から晩年の大装飾画まで、生々流転する「睡蓮」の真実を、モネ研究の碩学が解き明かす。すべての「睡蓮」と関連作を集めた、永久保存版資料。全308作品、完全収録。類書無。上製糸かがり製本、オールカラー。

知っておきたい日本の絶滅危惧植物図鑑
NetGalleyで公開中

知っておきたい日本の絶滅危惧植物図鑑

長澤淳一、瀬戸口浩彰著
定価(本体1,800円+税)

京都府立植物園の元園長が約30年にわたって日本各地で撮影した貴重な写真を多数掲載。代表的な種の解説に加え、レッドリストや保全活動の現状など、私たちが知っておくべき問題点や取り組みをまとめた恰好の案内書。

世界を変えた150の科学の本

世界を変えた150の科学の本

ブライアン・クレッグ 著/石黒千秋訳
定価(本体2,800円+税)

『ヒポクラテス全集』、アリストテレスの『自然学』から『ホーキング、宇宙を語る』『サピエンス全史』まで、豊富なビジュアル資料でたどる自然科学書2500年の歩み。

化石燃料の逆襲

化石燃料の逆襲――暑すぎる地球よ、さようなら

ロビン・ツイッディ著/小島亜佳莉訳
定価(本体2,200円+税)

地球規模で取り組む必要のある、これからの環境問題。それらを3つのテーマに絞り、SF風物語に仕立てた学習本の化石燃料編。

プラスチックで大パニック

プラスチックで大パニック――未来から、ありがとう

ロビン・ツイッディ著/小島亜佳莉訳
定価(本体2,200円+税)

地球規模で取り組む必要のある、これからの環境問題。それらを3つのテーマに絞り、SF風物語にした学習本のプラスチック編。

毒毒星人の地球侵略

毒毒星人の地球侵略――たたかう、アンジェリーナ

ロビン・ツイッディ著/小島亜佳莉訳
定価(本体2,200円+税)

地球規模で取り組む必要のある、これからの環境問題。それらを3つのテーマに絞り、SF風物語に仕立てた学習本の化学物質編。

子どもの本
100問100答

子どもの本に関わる質問や疑問にQ&A形式でお答えします。内容は月替わりで更新いたします。
※2013年8月刊行『子どもの本100問100答』(一般財団法人大阪国際児童文学振興財団編)より抜粋
(2020.4.15更新)

本によって読者の対象年齢は決まっているのですか?

対象年齢は決まっていません

 本の裏に「4~5歳から」「小学1年生以上」のような表示を見ることがよくありますが、それはあくまでも目安で、すべての本に対して、決まった対象年齢はありません。事実、絵本『もけらもけら』(山下洋輔文、元永定正絵、福音館書店、1990)の裏には、「2才から」と書かれており、上限は書かれていません。同じ年齢の子どもでも、興味関心も異なれば、読める能力にも差があります。読む子ども(人)がおもしろいと感じられれば、その本はその子どもにとって意味のある本だと考えることができます。そして、本を手渡す大人が読んでみて、子どもが楽しめると思えることが一番大切です。

対象年齢の見つけ方

 本の裏に書かれているのは、出版社が提示した目安ですが、それ以外にも対象年齢を考えるために、本にはいくつかのヒントがあります。

 その一つは、登場人物の年齢です。主人公の年齢が自分より低いと幼稚な作品を読まされていると思う子どもがいます。その誤解を解くことも必要ですが、子どものプライドを尊重して選ぶ必要があります。二つ目は、表記です。文字の大きさや、ルビの振り方によって、対象年齢が推定できます。ただ、なかには対象年齢と表記が一致していない本もあるため、これだけに頼ることはできません。三つ目は、内容からの類推です。カバーの折り返しの推薦文、目次、冒頭の文章、あとがきの文章などから対象年齢を類推することができます。四つ目は、ブックリスト《F30》やインターネット等の情報を参考にすることです。これも本の裏の年齢表記と同じくあくまでも目安です。

幅広い年齢の読者に楽しまれる本

 本のなかには、ちょうどこの時期の子どもにぴったりという本もあれば、幅広い年齢の読者に楽しまれる本もあります。

 後者の例としては、絵本では、ナンセンス絵本、空想的な絵本、昔話絵本、ことば遊び絵本などで、対象年齢によった解釈を楽しむことができます。読物では、作品にもよりますが、推理もの、ファンタジー、昔話や神話、伝説、アンデルセンなどの古典があげられます。また、図鑑等は、くわしい子どもにとっては、大人対象のものでなければ満足できないこともあります。

年齢による読書傾向

 小学校低学年は、文字を読み始めたころなので、挿絵がふんだんに付いている本が好まれる傾向にあります。また、この時期は、文字をたどることに多くのエネルギーを使うため、複雑な筋の展開や回想の多用など時間のめまぐるしい変化、多くの登場人物などにはついていけないことがあります。

 小学校中学年になると、児童書のさまざまなジャンルに触手を伸ばし始めます。シリーズ作品をまとめて読んだり、動物物語に興味をもったり、昔話や伝説に興味をもったりして、たっぷりとしたストーリーと満足感のある結末を楽しむ傾向があります。小学校高学年から中学生になるにつれて、個々の子どもの嗜好がはっきりしてきて、好きな作家ができたり、好きなジャンルができたりします。長編に挑戦し、大人の本も視野に入ってきます。また、ヤングアダルト作品に代表されるように、結末が読者にゆだねられるような作品も読めるようになってきます。

ひとりひとりの子どもを大切に

 大切なことは、対象年齢を推定することはできても、ひとりひとりの子どもに合った本は、そのこととは必ずしも一致しないということです。そこで、一人の子どもに本を選ぶ際には、その子どもの性格や嗜好、読書歴などをていねいに聞き取り、その情報を元に幅広い選択肢の本を用意することが必要です。一方、絵本などを集団の前で読む場合には、一緒に活動しているグループのメンバーと一冊の本の対象年齢について話し合うことや、実際に数人の子どもに読んでみてその反応から判断することが求められます。

カタログ
ダウンロード

毎年4月に発行している学校・公共図書館さま向け図書カタログや、
4月以降に刊行した新刊のチラシを下記よりダウンロードしていただけます。