創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 精神分析・分析心理学・深層心理 > ユング心理学と子ども

ユング心理学研究 第11巻

ユング心理学と子ども

日本ユング心理学会 編

刊行年月日:2019/04/17
ISBN:978-4-422-11711-9
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:200頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

河合隼雄生誕90周年を記念した特集を掲載

ユング心理学は子どもをどのような存在と捉えているのか、そして子どもの問題にどのようにアプローチしているのか。子どもに関する優れた論考を数多く残した河合隼雄の生誕90周年を記念して企画された特集では、河合と深い関わりのあった心理臨床家、作家らが自らの実践や河合との思い出をつづる。詩人の谷川俊太郎氏が創作の舞台裏や河合との興味深いエピソードを披露した学会第7回大会での河合俊雄氏との対談も収録する。

目 次


はじめに  田中康裕

特 集
●没頭することとプレイセラピー  弘中正美
●子どもとユング心理学  リース滝幸子
●いつか「真珠」を抱けるかな――河合隼雄さんのこと・「こども」のこころ  工藤直子
●谷川俊太郎が語る河合隼雄――子どもってどんなだろう?  谷川俊太郎・河合俊雄

論 文
研究論文
●おはなしにならない言葉がおはなしになるとき――統合失調症と診断された人たちと即興で紡ぐ連想物語の考察  鈴木志乃
●アクティヴ・イマジネーションにおけるイマジナーへの帰責の可能性――ユング心理学における自由意志と主体  長坂瑞希
●石牟礼道子作『不知火』における救済のイメージについて  奥田智香子
●「信徳丸」にみる青年の個性化過程と観音信仰――説経節の元型的世界(2)  森文彦

印象記
●国際分析心理学会関連大会印象記2018  河合俊雄
●第5回IAAP/IAJS The Joint Conference 2018 印象記  長野真奈
●第4回ISPDI大会印象記  竹中菜苗
●日本ユング心理学会第7回大会印象記  城谷仁美

文献案内
●“子ども”に関するユング心理学の基礎文献  田熊友紀子
●海外文献  名取琢自

日本ユング心理学会 機関誌投稿規定(2018年9月16日改訂)

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]日本ユング心理学会(ニホンユングシンリガッカイ)

関連書籍

ページ:1 / 2

rev rev

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.