創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 歴史 > 現代史 > 9条入門

「戦後再発見」双書8

9条入門

加藤 典洋 著

刊行年月日:2019/04/19
ISBN:978-4-422-30058-0
判型:四六判 188mm × 128mm
造本:並製
頁数:352頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

戦後日本の象徴として、多くの日本人から熱烈に支持されてきた憲法9条。だがそれを支持するリベラル派も、批判する右派も、自分に都合の悪い歴史にはずっと目をつぶり続けてきた。

多くの異説や混乱が存在するなか、あらゆる政治的立場を離れ、ただ事実だけを見据えて描き出した、憲法9条の誕生と、「マッカーサー」「昭和天皇」「日米安保」との相克をめぐる成立初期の物語。30年来の構想を書ききった著者渾身の一作。

はじめに――憲法9条に負けるな
1 O先生の叱責
2 兆民先生の教え

第1部 出生の秘密――敗戦から憲法制定まで(1945~47年)

第1章 せめぎあい
1 憲法9条の問題とは何か
2 最初の一歩――近衛文麿への指示
3 マッカーサーの独立王国――アメリカ本国との対立

第2章 独走
1 助走――立法者と天皇
2 処罰と活用

第3章 2つの神話とその構造
1 マッカーサーvs極東委員会
2 天皇の「全責任」発言――二つの『マッカーサー回想録』神話(1) 
3 幣原の「戦争放棄」発言――二つの『マッカーサー回想録』神話(2)
4 「特別の戦争放棄」と「ただの戦争放棄」

第4章 天皇の空白を9条の光輝が満たす
1 大統領と国体
2 ケーディスの「故意の言い落とし」
 
第2部 「平和国家」と冷戦のはじまり――9条・天皇・日米安保(1948~51年)

第5章 戦争放棄から平和国家へ
1 補償作用
2 東京帝国大学憲法問題研究会――東大と9条(1)
3 憲法普及会――東大と9条(2)
4 「八月革命」説――東大と9条(3)
5 宮沢俊義と美濃部達吉

第6章 冷戦の激化――マッカーサーからダレスへ 
1 孤立するカーツ大佐=マッカーサー
2 二人のシゲル――全面講和か単独講和か
3 平和問題談話会と外務省条約局
4 マッカーサーとダレス
5 天皇と9条

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]加藤 典洋(カトウ ノリヒロ)
文芸評論家。1948年山形県生まれ。東京大学文学部仏文科卒。国立国会図書館勤務を経て、早稲田大学名誉教授。『アメリカの影』(講談社文芸文庫)、『敗戦後論』(ちくま学芸文庫、伊藤整文学賞)、『言語表現法講義』(岩波書店、新潮学芸賞)、『小説の未来』(朝日新聞社)、『テクストから遠く離れて』(講談社、この二著で桑原武夫学芸賞)、『戦後入門』(ちくま新書)、『もうすぐやってくる尊皇攘夷思想のために』(幻戯書房)ほか、著書多数。

banar

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.