創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 芸術・趣味 > 趣味 > 米朝落語全集 増補改訂版 第七巻

book

米朝落語全集 増補改訂版 第七巻

桂 米朝 著

刊行年月日:2014/05/22
ISBN:978-4-422-76014-8
判型:A5判
造本:上製
頁数:320頁

至高の話芸をきわめた上方落語随一の定本にして永久保存版

人間国宝、文化勲章受章と、いまや落語界を代表する至宝となった桂米朝師。自ら筆を執った『米朝落語全集 全7巻』(1980~82年)の刊行から33年を経て、新たに追加・発掘された口演記録・音源・資料から内容を増補し、造本・体裁・構成を一新して再編集。各巻に口絵写真、藤原せいけん氏の挿絵を収載し、詳細な索引を付して「調べる」「引ける」にも対応。至高の話芸をきわめた最大規模の全集、上方落語随一の定本にして永久保存版。
第七巻は、「不動坊」「まめだ」「饅頭こわい」「宿屋仇」「らくだ」……など24篇収載。

ふたなり
不動坊
冬の遊び
古手買
べかこ
坊主茶屋
法華坊主
本能寺
松医者
まめだ
饅頭こわい
向う付け
眼鏡屋盗人
元犬
桃太郎
焼き塩
厄払い
宿屋仇
矢橋船
四人ぐせ
寄合酒
らくだ
蘭方医者
禍は下

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]桂 米朝(カツラ ベイチョウ)
桂 米朝(かつら・べいちょう)
落語家。本名・中川清。1925(大正14)年11月6日、満州大連生まれ、兵庫県姫路市育ち。1943(昭和18)年、作家・寄席文化研究家の正岡容に師事。1947(昭和22)年、四代目桂米団治に入門、三代目桂米朝を名乗る。戦後、衰退の一途にあった上方落語の復興に尽力。途絶えていた数多くの噺を再構成して復活させ、多数の弟子を育て、サンケイホールをはじめ全国各地での独演会を成功・定着させた。上方落語四天王の一人にして中興の祖。文化勲章、重要無形文化財保持者(人間国宝)、文化功労者、紫綬褒章など受章・顕彰多数。著書『米朝上方落語選(正・続)』(立風書房)、『上方落語ノート(1~4集)』(青蛙房)、『桂米朝集成(1~4巻)』(岩波書店)など。

banar

関連書籍

ページ:1 / 2

rev rev

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.