創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 心理学一般 > 司法・犯罪分野

公認心理師分野別テキスト④

司法・犯罪分野

理論と支援の展開

野島 一彦 監修 / 生島 浩 編著

刊行年月日:2019/03/19
ISBN:978-4-422-11694-5
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:160頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

公認心理師カリキュラムに準拠

公認心理師の活躍が期待される主要な現場であり、
資格取得に必要な科目に定められている5つの分野を徹底ガイド。
公認心理師養成に携わる研究者や第一線の実践家など総勢96人が、
各分野の関係法規・制度や機関・施設、課題、そして
多職種連携の中での公認心理師の業務について丁寧に解説する。

公認心理師の活動を具体的にイメージできる、
現場に出てからも役に立つ実践的テキストシリーズ。

「公認心理師カリキュラム等検討会の報告書では、
特定の分野において求められるものの例が示されている。(中略)
公認心理師はいわゆる汎用資格なので、特定の分野だけしかわからない
というわけにはいかない。将来的には特定の分野で仕事をしていくにしても、
まずはすべての分野について学ぶことが必要かつ有益である。
視野を広く持ち、適切にリファーするためにも、すべての分野について
積極的に学んでいかれるよう願う。」(「監修者まえがき」より)


◎本シリーズの特徴

◆公認心理師カリキュラムに準拠!
本シリーズは、公認心理師法施行規則で「大学院における
公認心理師となるために必要な科目」として定められている
以下の5つの科目に対応した構成となっています。
講義を担当される先生方、講義を受ける学生の方々、それぞれ必携です。

 1 保健医療分野に関する理論と支援の展開
 2 福祉分野に関する理論と支援の展開
 3 教育分野に関する理論と支援の展開
 4 司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開
 5 産業・労働分野に関する理論と支援の展開

◆現場に出てからも役に立つ実践的内容!
シリーズ各巻の前半部は「理論の展開」として、各分野の関係法規・制度や
機関・施設を詳しく紹介しています。そして、後半部の「支援の展開」では、
公認心理師が各分野で遭遇する課題を「事例スーパービジョン」「Q&A」という
親しみやすい形式で提示し、その活動の方向性を具体的にアドバイスしています。


◎本シリーズの構成

野島一彦[監修]
第1巻 保健医療分野……津川律子・江口昌克[編著]
第2巻 福祉分野……片岡玲子・米田弘枝[編著]
第3巻 教育分野……増田健太郎[編著]
第4巻 司法・犯罪分野……生島浩[編著]
第5巻 産業・労働分野……平木典子・松本桂樹[編著]

司法・犯罪分野  目次

監修者まえがき
編者まえがき

序章 公認心理師とは
1.公認心理師法の成立と公認心理師の業務
(1)公認心理師法の成立
(2)公認心理師の業務
2.公認心理師の法的義務
(1)信用失墜行為の禁止
(2)秘密保持義務
(3)連携等
(4)資質向上の責務
3.安全確保と情報共有
(1)安全確保
(2)情報共有

第I部 理論の展開

第1章 司法・犯罪分野の概要
1.特徴と留意点
2.制度・法規と公認心理師の位置づけ
(1)非行臨床――少年事件
 〔1〕分野と機関
 〔2〕制度と専門家
 〔3〕非行臨床の留意点
(2)犯罪臨床――成人事件
 〔1〕分野と機関
 〔2〕制度と専門家
 〔3〕犯罪臨床の留意点
(3)犯罪被害者支援
 〔1〕分野と機関
 〔2〕制度と専門家
(4)家族臨床――家事事件
 〔1〕分野と機関
 〔2〕制度と専門家

第2章 司法・犯罪分野の業務
1.職域と課題
 〔1〕警察
 〔2〕家庭裁判所――家庭裁判所調査官
 〔3〕更生保護――保護観察官・社会復帰調整官
 〔4〕矯正
 〔5〕児童福祉
 〔6〕医療観察法指定医療機関
 〔7〕精神鑑定・情状鑑定
2.職域間の連携
(1)司法・犯罪分野の組織間連携――多機関連携
(2)保健医療・福祉・教育等その他のシステムとの連携――多職種連携
(3)多機関多職種連携――システムズ・アプローチの観点

第II部 支援の展開

第3章 司法・犯罪分野の実践――事例スーパービジョン
事例(1)警察――性犯罪被害者への支援
事例(2)家庭裁判所(少年事件)――盗撮事件
事例(3)家庭裁判所(家事事件)――面会交流事件
事例(4)更生保護――保護観察官
事例(5)更生保護――社会復帰調整官
事例(6)矯正――窃盗で少年鑑別所に収容
事例(7)矯正――性犯罪で懲役刑
事例(8)児童福祉――児童養護施設から措置変更
事例(9)医療観察法指定医療機関――病識がなく内省が深まりにくい対象者

第4章 司法・犯罪分野の現場――こんなときどうする? Q&A
Q&A(1)警察の少年相談
Q&A(2)秘密保持に配意した関係機関との連携はどのようになされるのか
Q&A(3)性犯罪被害者への支援
Q&A(4)警察の部内カウンセラー
Q&A(5)少年事件における社会資源の活用
Q&A(6)少年事件における親子関係の調整
Q&A(7)家庭裁判所調査官の調査における公認心理師の秘密保持義務
Q&A(8)離婚調停における子どもの意思の取り扱い
Q&A(9)保護観察の種類
Q&A(10)保護観察中の遵守事項
Q&A(11)精神保健観察の対象者の病状が悪化しているという情報を得た場合の対応
Q&A(12)更生保護における被害者支援
Q&A(13)収容審判鑑別における面接実施上の留意点
Q&A(14)少年鑑別所の心理技官と家庭裁判所調査官との事例検討
Q&A(15)指定鑑別及び少年院の矯正教育課程
Q&A(16)対象者の「罪」と向き合う際に湧き上がる感情
Q&A(17)公認心理師の秘密保持義務
Q&A(18)児童相談所における措置
Q&A(19)医療機関との連携
Q&A(20)児童自立支援施設退所後の支援
Q&A(21)医療観察法通院処遇中の入院
Q&A(22)医療観察法指定入院医療機関への被害者や遺族からの問い合わせ
Q&A(23)心理検査
Q&A(24)情状鑑定の鑑定人

終章 司法・犯罪分野で学ぶこと・学び方
1.制度としての心理支援――全体概要をつかむ
2.法規に基づくシステムズ・アプローチ
3.非行・犯罪の要因の究明と立ち直り支援の道筋を探る
4.家族臨床の実践

引用・参考文献
索引

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[監修]野島 一彦(ノジマ カズヒコ)
野島一彦(のじま・かずひこ)
1947年、熊本県生まれ。跡見学園女子大学心理学部長・教授、九州大学名誉教授。博士(教育心理学)、臨床心理士。九州大学大学院教育学研究科博士課程単位取得後退学。福岡大学人文学部教授、九州大学大学院人間環境学研究院教授などを経て現職。著書「公認心理師の基礎と実践」シリーズ(共監修、遠見書房)、『ロジャーズの中核三条件 共感的理解』(監修、創元社)、『心理臨床のフロンティア』(監修、創元社)、『グループ臨床家を育てる』(監修、創元社)、『エンカウンター・グループのファシリテーション』(ナカニシヤ出版)など多数。

[編著]生島 浩(ショウジマ ヒロシ)
生島 浩(しょうじま・ひろし)
1956年、東京都生まれ。福島大学大学院人間発達文化研究科教授。博士(文学)、臨床心理士、公認心理師(登録申請中)。一橋大学社会学部卒業、筑波大学大学院修士課程教育研究科カウンセリング専攻修了、東北大学大学院文学研究科人間科学専攻博士課程において学位取得。法務省東京保護観察所保護観察官、法務総合研究所研究部室長研究官などを経て現職。著書『非行臨床の焦点』(金剛出版)、『犯罪心理臨床』(共編著、金剛出版)、『よくわかる更生保護』(共編著、ミネルヴァ書房)、『非行臨床における家族支援』(遠見書房)など多数。

banar

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.