創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 自然科学・医学・健康 > 自然科学 > 樹のミュージアム

樹のミュージアム

樹木たちの楽園をめぐる

ルイス・ブラックウェル 著 / 千葉 啓恵 訳

刊行年月日:2017/07/20
ISBN:978-4-422-43024-9
判型:A4判変型 210mm × 210mm
造本:並製
頁数:216頁

美しい写真と科学エッセイで魅せる“紙上”ミュージアム

「樹木は神聖なものだ。樹木と話し、樹木に耳を傾ける方法を知っている者は、真理を知ることができる。樹木は知識も教訓も説かない。細かいことにはとらわれず、太古からの生命の法則を説く」――ヘルマン・ヘッセ

3億7000万年前に誕生し、過酷な地球環境を生き抜いてきた樹木。豊かな多様性をもつ熱帯雨林から世界一の高さや太さを誇る木、葉の役割や菌類との共生まで、多くの種と調和しながら繁栄を極めたその興味深い生態に迫る。また、シンボルとしての木の存在や人間との深い関係をあらわすエピソードも満載。読み物として楽しめる科学エッセイに、世界の写真家の美麗フォト94点が融合した新感覚のビジュアルブック。

【掲載写真】
ヨーロッパブナ/イロハモミジ/シロマツ/ヤマナラシ/セコイア/アメリカツガ/モモ/イングリッシュ・ブルーベル/モリンガ・オバリフォリア/キャメルソーン/ツタカエデ/アメリカガシワ/スカーレットオーク/セイヨウカジカエデ/オウシュウシラカンバ/インドボダイジュ/カワラタケ/ラクウショウ/セイヨウハコヤナギ/ラムソン/カンザン/ハリエンジュ/イチョウ/グレートベースンブリスルコーンパインなど

イントロダクション

Ⅰ 生態:樹木の世界の成り立ち

1 大聖堂――豊かで未知なる熱帯雨林
2 巨大さ――クローンが作り出す大木
3 高さ――世界で一番高い木
4 太さ――幅・幹周・体積
5 生きている化石――イチョウ・チリマツ・メタセコイア
6 葉――生命に欠かせないピース
7 菌類――樹木との共生関係

Ⅱ 愛情:私たちが樹木に抱くもの

1 アイデンティティー――樹木と樹木でないもの
2 流行――さまざまな木々のトレンド
3 魂――シンボルとしての樹木
4 関係――自然界での振る舞い
5 記憶――思い出の中の樹木

引用句
写真
参考文献

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

ルイス・ブラックウェル著
Lewis Blackwell/作家、編集者、クリエイティブ・ディレクター。数多くの講演や展示、著作を手がける。『クリエイティブ・レビュー』誌の編集長を務めた後、世界最大のフォトエージェンシーであるゲッティ イメージズで長年クリエイティブ部門を率いていた。環境保護に関する活動にも取り組んでいる。著書に『Rainforest』『The Life & Love of The sea(邦題:海のミュージアム)』『The Life & Love of Cats』『The Life & Love of Dogs』がある。

千葉 啓恵訳
ちば・ひろえ/翻訳者。東北大学大学院農学研究科修士課程修了。化学会社研究所勤務を経て、現在は自然科学分野の翻訳業に従事している。主な訳書に『グローバル・フィーバー――地球温暖化の症状と対応策』(一灯舎)、『天災と人災――惨事を防ぐ効果的な予防策の経済学』(一灯舎)、『あなたの仕事も人生も一瞬で変える 評判の科学』(中経出版)、『アニマリウム――ようこそ、動物の博物館へ 』(翻訳協力、汐文社)、『レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿を解読する――手稿から読み解く芸術への科学的アプローチ』(一灯舎)、『海のミュージアム――地球最大の生態系を探る』(創元社)など。

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.