創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文化・民俗・ガイド > 大阪ことば学

book

大阪ことば学

尾上 圭介 著

刊行年月日:1999/03/20
ISBN:978-4-422-80035-6
定価:本体1,200円+税
判型:小B6判
造本:
頁数:210頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

ことばを通じて大阪人の本質を見事にとらえた名著、待望の復刊!

●関西の動物園のオリの前の看板にはひとこと、「かみます」。●店の人に「黒のカーフの札入れで、カードが二枚ほど入って、マチがなくて金具がついてなくて、やわらかあい、手ざわりのええのん、無いやろか」ときくと「惜しいなぁ、きのうまであってん」。いまや全国区になった「無敵の大阪弁」。その背後には、人と人の接触の仕方、ものの感じ方や表現の仕方といった独特の文化がある。気鋭の国語学者が鮮やかに切ってみせたことばの「大阪学」。

第一章 なんなと言わな おもしろない
第二章 せっかくものを言うてくれてるのやから
第三章 ネンが足らんは念が足らん
第四章 言うて、言うてや、言うてんか
第五章 理づめで動くが理くつ言いはきらい
第六章 よう言わんわ
第七章 ぼちぼち行こか
第八章 待ってられへんがな
第九章 大阪弁は非能率的か
第十章 大阪弁は非論理的か
第十一章 笑い指向と饒舌の背後にあるもの1
第十二章 笑い指向と饒舌の背後にあるもの2
内なる大阪のことばを求めて

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]尾上 圭介(オノエ ケイスケ)

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.