創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 自然科学・医学・健康 > 医学・健康 > 東西医学の接点に立つ マッサージ・指圧法の実際 オンデマンド版

book

東西医学の接点に立つ マッサージ・指圧法の実際 オンデマンド版

芹澤 勝助 著

刊行年月日:2010/11/10
ISBN:978-4-422-93295-8
判型:A5判
造本:並製
頁数:488頁

マッサージはフランスから輸入された西洋の治療術、指圧法は日本古来の按摩術から発展した独得な経験療術。これらの全体を包含し、各々手技と効果、応用、臨床治療まで解説。

第一 マッサージ・指圧法とは
 一、マッサージとは
 二、マッサージの歴史
 三、指圧とは
 四、按摩術の歴史
 五、指圧法に総合されたアメリカの整体療術
 六、指圧法の特色とその業態
第二 マッサージ・指圧法の手技と効果
 一、マッサージの手技とその効果
 二、指圧法の手技とその効果
 三、手技分析の実験成績
第三 マッサージ・指圧法の治療効果
 一、蝕圧刺激の求心性伝導路
 二、蝕圧刺激の求心性興奮についての実験成績
 三、実験成績から見た効果
第四 全身マッサージの手技(その一)――筋肉系のマッサージ
 一、上肢のマッサージ
 二、下肢のマッサージ
 三、頭部のマッサージ
 四、頸部のマッサージ
 五、背部のマッサージ
 六、胸部のマッサージ
 七、腹部のマッサージ
第五 全身マッサージの手技(その二)――結合織マッサージ
 一、結合織マッサージとは
 二、結合織マッサージの基礎
 三、結合織マッサージの基本手技
 四、結合織マッサージの手技
 五、結合織マッサージの臨床応用
第六 全身の指圧法の手技
 一、伏臥位の手技
 二、仰臥位の手技
 三、側位の手技
 四、坐位の手技
第七 マッサージ・指圧に併用する主な物理療法
 (A)現代物理療法
 一、温熱療法
 二、電気療法
 三、光線療法
 四、特殊効果を期待する治療法
 (B)東洋系物理療法
 一、現代物理療法応用の治療
 二、家庭でできる物理療法
第八 マッサージに併用できる治療体操
 一、治療体操の種類と効果
 二、治療体操の実際
第九 マッサージの応用
 一、保健・健康増進のために
 二、美顔・美容のために
 三、スポーツのために
第十 術者の心得
 一、マッサージ・指圧法を行なう術者の心得
 二、マッサージ・指圧法の禁忌
第十一 マッサージ・指圧の臨床応用(その1)――東洋医学の立場から
 一、保健医学としての東洋医学
 二、経絡・経穴論の現代的解釈
   ――東洋医学の体系(経絡や経穴)を現代的にどう解釈できるか
 三、経絡・経穴の臨床応用
   ――マッサージ・指圧の治療方式としての経絡・経穴をどのように生かして応用するか
 四、臨床応用の実際
 五、古法(仰按調摩)の臨床応用
第十二 マッサージ・指圧の臨床応用(その二)――現代医学の立場から
 一、高血圧と動脈硬化
 二、脳卒中
 三、神経痛と神経麻痺
 四、小児麻痺
 五、変形性関節症――変形性脊椎症を含む
 六、リウマチ――関節リウマチと筋肉痛
 七、骨折
 八、捻挫と脱臼
 九、頸腕症候群とむち打ち症(頸椎捻挫)
 一〇、形態異常

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

芹澤 勝助著

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.