MENU

images images

発売カレンダー
ランキング
セミナー・イベント
特集一覧
image

TOPすべての商品文学・エッセイ > ことばの白地図を歩く

book クリック立ち読み

シリーズ「あいだで考える」

ことばの白地図を歩く

翻訳と魔法のあいだ


奈倉 有里 著

単行本 ¥1,540

刊行年月日:2023/06/12
ISBN:978-4-422-93099-2
定価:1,540円(税込)
判型:四六判変型 168mm × 130mm
造本:並製
頁数:160頁

↓ネット書店でのご購入はこちら

お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns


内容紹介

シリーズ「あいだで考える」創刊!

不確かな時代を共に生きていくために必要な
「自ら考える力」
「他者と対話する力」
「遠い世界を想像する力」
を養う多様な視点を提供する、
10代以上すべての人のための人文書のシリーズ。



『ことばの白地図を歩く――翻訳と魔法のあいだ』

ロシア文学の研究者であり翻訳者である著者が、自身の留学体験や文芸翻訳の実例をふまえながら、他言語に身をゆだねる魅力や迷いや醍醐味について語り届ける。「異文化」の概念を解きほぐしながら、読書体験という魔法を翻訳することの奥深さを、読者と一緒に“クエスト方式”で考える。読書の溢れんばかりの喜びに満ちた一冊。(装画:小林マキ)
もっと見る

目次

はじめに 印刷機からのメッセージ

1章 ことばの子供時代 ── 地図をひろげてみる
    ことばと出会う
    宝の地図にひそむ妖怪
    ことばの子供時代
    目標を考えてみる
    コラム 占いを味方につける

2章 文化の選びかた ── 地図を歩きはじめる
    好きな文化を担っていい
    エレベーターと換気窓
    あなたの防寒はどこから?
    故郷の味は自分で選べる
    コラム ロシアの四季

3章 ほん【ヽヽ】との魔法 ── 森に入っていく
    魔法を知る
    魔法の分解
    魔法使いは、いい詐欺師?
    コラム 迷信を楽しむ

4章 こいつは四角い関係だ ── 宝箱の見つけかた
    目的を見極める
    体験を確かめる
    連想と喚起力を翻訳する
    四角関係の誰になる?
    コラム 内気な語学のすすめ

おわりに 旅のゆく先

翻訳と魔法のあいだをもっと考えるための作品案内

もっと見る

著者紹介

[著]奈倉 有里(ナグラ ユリ)
1982年東京都生まれ。ロシア文学研究者、翻訳者。ロシア国立ゴーリキー文学大学を日本人として初めて卒業。著書『夕暮れに夜明けの歌を』(イースト・プレス)で第32回紫式部文学賞受賞、『アレクサンドル・ブローク 詩学と生涯』(未知谷)などで第44回サントリー学芸賞受賞。訳書に『亜鉛の少年たち』(スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ著、岩波書店、日本翻訳家協会賞・翻訳特別賞受賞)『赤い十字』(サーシャ・フィリペンコ著、集英社)ほか多数。

※著者紹介は書籍刊行時のものです。
もっと見る

動画




ダウンロード

  • シリーズ「あいだで考える」パンフレットダウンロードはこちら
    >>>PDF:10.0MB

メディア情報

2023/09/17 読売新聞書評掲載
2023/09/11 週刊エコノミスト9/19・26号「読書日記」掲載
2023/09/02 『母の友』10月号掲載
2023/08/19 パンプキン9月号掲載
2023/07/15 京都新聞「読書面」書評掲載
2023/06/28 毎日新聞「文芸時評」書評掲載
2023/06/24 「王様のブランチ」BOOKコーナー、ジュンク堂書店池袋本店文芸ランキングで紹介(10位)

banar

banar

banar


お客様の声

レビューを書く


関連書籍

ページ:1 / 2


イチ推し!


関連特集


創元社オンラインショップの特長

新着情報
お知らせ 2021/06/14 総合図書目録発行終了のお知らせ
セミナー・イベント 2024/06/24 【9/7】オンラインセミナー「パーソン・センタード・セラピーの視点で学ぶ事例検討ワークショップ 2024年・秋」
お知らせ 2024/06/14 【学会販売】6/16(日)「大阪府臨床心理士会第32回総会・研修会」
セミナー・イベント 2024/06/05 【7/6】『大阪天満宮と天神祭』刊行記念イベント「大阪天満宮の夏祭・天神祭について」開催

images