創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 芸術・趣味 > 芸術・美術 > 闇の西洋絵画史〈5〉 横死

book

アルケミスト双書

闇の西洋絵画史〈5〉 横死

山田 五郎 著

刊行年月日:2021/03/17
ISBN:978-4-422-70135-6
定価:本体1,500円+税
判型:B6判変型
造本:上製
頁数:64頁

非業の死か、自業自得か。

大好評シリーズ「アルケミスト双書」から
『闇の西洋絵画史』篇が登場!
西洋美術の「闇」の側面を浮かび上がらせる、
妖しくも美しい西洋絵画史シリーズ(フルカラー)。

著者は編集者で評論家の〈山田五郎〉。


■著者・山田五郎より
西洋絵画には、
教科書には載せられない「影の名画」もあれば、
逆によく見る名画に「影の意味」が
隠されていることもあります。けれども、
今日の感覚では不健全と思える表現や寓意も、
描かれた背景を知れば納得でき、
見え方が変わってくるはずです。
西洋絵画の本質は、
その最大の特徴である陰影法と同様に、
光のあたる表面だけではなく
闇の側面も見ることで、はじめて立体的に
浮かび上がってくるのではないでしょうか。


■本シリーズの特徴
・1冊1テーマを詳説
・類をみないユニークな切り口
・1冊あたり約70作品を掲載
・コンパクトで瀟洒な造本
・本物の美術の教養に
・ゲームや漫画他、創作のための資料としても


■シリーズ
*第1期:【黒の闇】篇
〈1〉悪魔
〈2〉魔性
〈3〉怪物
〈4〉髑髏
〈5〉横死

*第2期:【白の闇】篇
〈6〉天使
〈7〉美童
〈8〉聖獣
〈9〉楼閣
〈10〉殉教


■まえがき(〈5〉横死)
死や殺人はそれだけでも悲劇であり、
死者の立場や数によっては
歴史的事件にもなりえます。
ゆえに絵画の題材になることも多いのですが、
西洋絵画に描かれる死は、
私たち日本人の目には
ことさら残酷に映りがちです。
その原因は、遠近法や陰影法を駆使して
リアルに描く技術的特性だけでなく、
遺体に対する感覚の違いにも
あるのではないでしょうか。
輪廻転生を信じる仏教では、
遺体は塵と消える魂の抜け殻にすぎません。
ところが肉体の復活を信じるキリスト教では、
人は遺体になってもなお、
その人のままなのです。
いわば遺体にも個性があるわけで、
それが西洋絵画に描かれる死を
ひときわ生々しく見せているようにも思えます。

◆Ⅰ 聖書の死


◆Ⅱ 神話の死


◆Ⅲ 権力者の死


◆Ⅳ 哲学者の死


◆Ⅴ 佳人の死


◆Ⅵ 民衆の死 

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]山田 五郎(ヤマダ ゴロウ)
山田五郎(やまだ・ごろう)
1958年、東京都生まれ。編集者・評論家。上智大学文学部在学中にオーストリア・ザルツブルク大学に1年間遊学し、西洋美術史を学ぶ。卒業後、講談社に入社。『Hot-Dog PRESS』編集長、総合編纂局担当部長等を経てフリーに。現在は時計、西洋美術、街づくりなど幅広い分野で講演、執筆活動を続けている。『ぶらぶら美術・博物館』(BS日テレ)、『出没! アド街ック天国』(テレビ東京)など、テレビ・ラジオの出演も多い。主な著書に『知識ゼロからの西洋絵画入門』『知識ゼロからの西洋絵画史入門』『知識ゼロからの近代絵画入門』(共に幻冬舎)、『ヘンタイ美術館』(共著・ダイヤモンド社)、『へんな西洋絵画』(講談社)、『大人のための恐竜教室』(共著・ウェッジ)など。

  • 『アルケミスト双書 闇の西洋絵画史』チラシダウンロードはこちら
    >>>PDF:1.83MB

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.