創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文学・エッセイ > たいせつなきみ

たいせつなきみ

犬が教えてくれたこと

マイラ・カルマン 著 / 吉田 実香 訳 / デイヴィッド・G・インバー 訳

刊行年月日:2018/08/27
ISBN:978-4-422-70115-8
判型:A5判変型 19cm × 16cm
造本:並製
頁数:160頁

さよならピート、そしてこんにちはピート

作者のマイラ・カルマンはニューヨークのデザイン、イラスト界でもっともリスペクトされているイラストレーター、デザイナー。そんなマイラは大の犬ギライ。なのに犬を飼おうと決心したのは、夫が病に倒れたから。子どもたちの心をなぐさめようと飼いはじめたワンちゃんは、彼女の目と心をたちまち開いていく……。下は幼児から上はシニアまで、学生から世界的なファッションデザイナーまで、独自のウィットであらゆる人々を魅了する天才イラストレーター、マイラ・カルマン。これまで出会い、描いてきた数々の「犬たち」をすべてこの1冊に収録。「宝箱」のような作品集だ。

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]マイラ・カルマン(カルマン,マイラ)
1949年生まれ。ニューヨークを代表するイラストレーター、デザイナー。夫チボーと設立した〈M & Co.〉では、MoMAのデザインストアをはじめとして、世界的なロングセラーとなった「内側に青空が描かれた雨ガサ」ほか遊び心あふれる名作を次々世に送り出す。文芸誌『ニューヨーカー』やNYタイムズ等に絵やエッセイを長年寄稿。イラスト本12冊、児童書16冊刊行。飼い犬がモデルの『犬のマックス』『犬のピート』シリーズは全米の学校図書館に置かれ、子どもと大人に読み継がれている大ベストセラー。

[訳]吉田 実香(ヨシダ ミカ)
1986年よりNY在住。ライター/翻訳家。夫のデイヴィッドと共にアンディ・ウォーホル、イサム・ノグチ、フランク・ロイド・ライトの特集をはじめとする建築・デザイン・アートの取材執筆を数多く手がける。『Tokyolife』(Rizzoli社)などの英語著作のほか、英語訳を手がけるほしよりこ著『カーサの猫村さん』は海外でも大絶賛。 https://casabrutus.com/en/special/nekomura

[訳]デイヴィッド・G・インバー(インバー,デイヴィッド・G)
NY生まれ。ジャーナリスト。1990年代より雑誌『カーサ・ブルータス』『ブルータス』等で建築家フランク・ゲーリー、写真家のウィリアム・エグルストンやピーター・ビアード、カリスマ主婦マーサ・スチュワートなどのインタビューを数多く手がける。翻訳書(日英訳)に『Shigeru Ban : Paper in Architecture』(Rizzoli社)、『Suppose Design Office』(FRAME社)など。

お客様の声

  • ジュエリーのような本

    投稿者 Du courage! / 投稿日 2018/08/26

    世界中にファンのいるマイラ・カルマンの絵はもちろんのこと、そのウイットに富んだ文章も、手書きの文字も、デザインも、そして翻訳も、何もかもがすばらしく、ページをめくるたびにうっとり . . . 。

    頭韻など、言葉遊びをしている箇所は、もとの英語がわかる仕掛けになっていたり、文字の大きさや色が変わっていたり、活字と手描きの文字の組み合わせ方も絶妙です。
    どこまでも粋でオシャレで楽しくて、読み返すたびに「ああ、ここにも、ここにも!」といった発見があります。それが、160ページも! なんという贅沢でしょう。

    愛犬ピートの物語の、ジェイムズ・ジョイスの引用のあたりでは、思わず涙してしまいました。でも、それは悲しいだけじゃない、静かでやさしい、祈りのような涙でした。
    こうしているいまも、かけがえのない時間を過ごしているのだと教えてくれる、福音のような作品集 . . . 。

    たいせつな人にプレゼントしようと思います。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.