創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 歴史 > 日本史 > 明治維新とは何だったのか

明治維新とは何だったのか

薩長抗争史から「史実」を読み直す

一坂太郎 著

刊行年月日:2017/11/24
ISBN:978-4-422-20159-7
判型:四六判 188mm × 128mm
造本:並製
頁数:288頁

薩摩と長州の権力闘争史を再検証すれば、日本の行く末が見えてくる

明治維新を推し進めたのは、内戦の「勝者」である薩摩・長州の下級武士たちであった。しかし、薩長は常に協力して近代日本を建設したわけではなかった。権力闘争を繰り返して派閥を生み、その構図は戦争の時代へとつながっていく。本書は薩長がなぜ時代をリードできたのか、その功罪は何かを中心に、丹念に一次史料をたどって再検証するもの。150年の間に書き換えられてきた「史実」を問い直し、この国の行方を考える一助としたい。

はじめに ――いまなぜ明治維新を読み直すのか
◇序章 薩摩は体力、長州は知力
◇第一章 黒船来航を機に国政へ
◇第二章 薩摩の脱落と挫折
◇第三章 長州の暴走
◇第四章 「薩長同盟」成る
◇第五章 錦旗は官軍の証
◇第六章 最後の内戦から大日本帝国へ
◇終章 薩長の天下とその行く末
おわりに
参考文献
索引

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

一坂太郎著
1966年、兵庫県芦屋市生まれ。幕末維新史研究家。萩博物館特別学芸員、至誠館大学特任教授、防府天満宮歴史館顧問、春風文庫主宰。大正大学文学部史学科卒。著書に『長州奇兵隊 勝者のなかの敗者』『吉田松陰とその家族』『幕末歴史散歩 東京篇』『幕末歴史散歩 京阪神篇』『高杉晋作の「革命日記」』『高杉晋作を歩く』『坂本龍馬を歩く』『高杉晋作』『司馬遼太郎が描かなかった幕末』など。

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.