創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文学・エッセイ > もしも坂本龍馬がヤンキー高校の転校生だったなら

もしも坂本龍馬がヤンキー高校の転校生だったなら

井上 ミノル 著

刊行年月日:2017/07/20
ISBN:978-4-422-91027-7
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:160頁

抱腹勉強、幕末・維新を駆け抜けるスポ根学園コメディ!

坂本龍馬没後150年の記念の年に送る、大人気「もしも」シリーズ第3弾!

もしも、徳川幕府が系列学園を多く抱えるマンモス高校だったら…、
新撰組が京都校の裏生徒会だったら…、
龍馬のいう「日本の洗濯」が、スポーツで荒廃したヤンキー高校を立て直すことだったなら…。

個性的すぎる志士&女性たちが繰り広げる、幕末・維新の激動のドラマを、スポ根学園コメディに置き換えた、笑って学べる歴史コミックエッセイ。
数々の「学園モノ」へのオマージュネタにも注目!


〈登場人物紹介〉
▲坂本龍馬:荒廃しヤンキー高校と成り果てた徳川学園を、スポーツの力で更生しようとこころざす、本編の主人公。ボケッとしてても実はキレ者!…のような、やっぱりそうじゃないような。某イケメン俳優と同じホクロを持つ。

▲中岡慎太郎(慎ちゃん):龍馬と同郷の青春アミーゴ。メガネっこ。長州校にも在籍していたことがあり、広い交友関係と見識で、龍馬とともにスポーツによる学園改革を目指す。

▲お龍:恋多き龍馬が京都でひと目ぼれした「猟奇的?な彼女」。

▲新撰組:京都校副校長直属の魁!的組織で、学園の風紀を取り締まる裏生徒会。局長の近藤勇を筆頭に、鬼の副長・土方歳三、病弱ゥ!だけどめっぽう強い沖田総司などが統率しているが、過激な実力行使の数々に、副校長・松平容保は今日も胃が痛い。

▲勝海舟:龍馬たちが属するバスケ部顧問。バスケ部顧問といえば安●先生かと思いきや、ルー●ーズの方だった。徳川学園の経営幹部でもあり、他校の生徒からも一目置かれている

▲桂小五郎:長州校の生徒会副会長。カリスマ講師・吉田松陰が運営する予備校に通っていたカシコ(勉強できる賢い子の意)。蛤御門事件でボコボコにされて以来、会津・薩摩校を激しく憎み、西郷に地味だけと嫌な呪いをかけている。

▲西郷隆盛:薩摩校生徒会会長。イギリス式を取り入れた先進的な薩摩校の中心的存在で、スポーツマンシップにあふれるサワヤカ青年。廃部になってしまった龍馬たちの属する京都校バスケ部を引き取ってくれた。こじゃれたモフモフの犬を飼っている。

▲高杉晋作:長州校次期生徒会長候補。海外校の生徒を見ては片っ端からケンカをしかけ、外資系カトリック校を焼き討ちしたこともある過激さから、人呼んで「金髪の狂犬」。

▲久坂玄瑞:長州校一年一組ルーム長。学園を外資の魔手から守り、理事長中心の名門校を作り上げることが夢。

▲篤姫:薩摩校出身で、現在は大奥女子高副校長。父の頼みで一橋慶喜を次期学園長にすえる使命を帯びて大奥女子高に入ったが、あまりのアウェイ感にすぐさま諦める。

▲徳川(一橋)慶喜:家茂学園長逝去のあとを継いで学園長に。非常に優秀で経営手腕も素晴らしいが、歯に衣着せぬ発言で敵も多い。

▲徳川家茂:徳川学園学園長。人当たりのよさゆえに誰からも好かれているが、なにぶん病弱ゥ!

▲和宮:孝明理事長の妹で、家茂学園長の妻。身分違いの結婚に当初は抵抗していたが、しだいに夫を支えるように。

<主な目次>

はじめに

第1章 徳川学園 京都校 編
・もしも坂本龍馬がヤンキー高校の転校生だったなら
・尊王攘夷ってなんじゃらほい?
・若き学園長・モッチーの悩み
・若きモッチーの悩み2
・ヤンキー少女・純情派
・龍馬君とお龍ちゃん
・魁! 新撰組

第2章 長州校 絶体絶命! 編
・偏差値高いぜ! 長州校!
・イケダヤ事件!
・玄瑞の國
・世界に挑んでみたものの
・バスケがしたいです

第3章 めざせスポーツ名門校 編
・スポ根! 薩摩校
・ いざ! 薩長同盟!
・ 俺たちチーム亀山!
・龍 馬危うし! 寺田屋事件
・龍馬とお龍のラブラブ旅行記
・ 長州校を救え!
・ その頃、土佐堀校では
・龍馬君の8つの提案

第4章 徳川学園 経営陣 編
・ 花の大奥女子高校
・ 昨日の敵は今日の強敵
・ 学園長はつらいよ
・ 京都副校長もつらいよ
・ 理事長だってつらいなり
・ 学校経営お返しいたします!
・ ある銅像のボヤキ
・ 革命! 近江屋のバラ!?

第5章 花咲け! 新学園 編
・花咲け! 新学園


●登場人物紹介●
坂本龍馬
中岡慎太郎
徳川家茂
和宮
楢崎龍
近藤勇
土方歳三
沖田総司
桂小五郎
久坂玄瑞
高杉晋作
勝海舟
西郷隆盛
武市半平太
後藤象二郎
篤姫
徳川(一橋)慶喜
松平容保
孝明天皇


●コラム●
龍馬の手紙と坂本家の人々
他にもいるぜ! 新撰組!
本物? 偽物? 彼 らの肖像


●歴史解説●
長州vs会津
生麦事件
龍馬暗殺犯は誰だ!?

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

井上 ミノル著
イラストレーター&ライター。1974年神戸市生まれ。甲南大学文学部卒。広告代理店などを経て、2000年にイラストレーターとしてデビュー。生来の国文好きを生かして、2013年にコミックエッセイ『もしも紫式部が大企業のOLだったなら』を刊行、続いて『ダメダンナ図鑑』『もしも真田幸村が中小企業の社長だったなら』(いずれも創元社)を上梓する。平安好き、歴史好き、生き物好き、酒好きの二女の母。

《「もし龍的 京都まちあるきMAP」について》
『杉浦さやか・井上ミノル展』(2017年7月15日~9月10日、姫路市立美術館)の関連イベントとして行われた、井上ミノル先生の「まちあるきイラストマップ」制作ワークショップで、担当編集者が作成したイラストマップです。
『もしも坂本龍馬がヤンキー高校の転校生だったなら』に登場する幕末史ゆかりの場所を、京都市街の地図にマッピングしました。
手描きゆえ少し見づらいところもありますが、本書と照らし合わせながら、京都のまちあるきを楽しんではいかがでしょうか。

↓ダウンロードはこちら(原寸はB4サイズです)

>>>PDF:5.48MB


※ご自由にダウンロードして使っていただけますが、無断での二次使用、二次配布はご遠慮ください

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.