創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 精神医学 > 難事例と絶望感の治療ポイント

難事例と絶望感の治療ポイント

治療の壁を越える22の対処法

平井 孝男 著

刊行年月日:2008/09/01
ISBN:978-4-422-11410-1
定価:2,640円(税込)
判型:四六判
造本:並製
頁数:336頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

多くの患者の心に巣くう絶望感に焦点を当てながら、最近増加している治療困難な事例を紹介。

《治療ポイントシリーズ》第五弾。神経症・不眠症・うつ病・心身症・統合失調症・人格障害・摂取障害・引きこもりなど、最近増加している治療困難な各種の事例を取り上げ、それらを引き起こす要因を探り、心の病に特有の「具体的な対策」をわかりやすく示した。また、多くの患者の心に巣くっている絶望感に焦点を当てながら、「患者との波長合わせと共同作業」の実際を、過去の典型的な実例に基づいて紹介した。

まえがき
第1章 心の病とは?
 第1節 心の病の正しい理解の必要性
 第2節 心の病の治療は共同作業
 第3節 心の病を実体化することの危険とデメリット
 第4節 心の病は一つの結果である
第2章 心の病における病名とは?
 第1節 病名の特殊性
 第2節 病名をつけることのメリット
 第3節 病名をつけることのデメリット
 第4節 病名告知ポイント
 第5節 役立つ診断と見立てについて
 第6節 心の病における身体的実体の可能性と疾病単位について
第3章 治るとは?
 第1節 治癒像の例
 第2節 治し方、治り方の一例
 第3節 どんな人が治りやすいか?
 第4節 なぜ治りにくいのか?
第4章 治療の基本的作業――治療妨害要因を克服する22の対処法
 第1節 自覚のない場合、自覚があっても乏しい場合
 第2節 治療意欲がないか、あっても乏しい場合
 第3節 実現認識が乏しい場合
 第4節 治療希望が非現実的・非合理な場合
 第5節 患者・クライエントの話についていきにくい場合
 第6節 沈黙への対応
 第7節 「治療やカウンセリングなだ望んでいない」と言う患者・クライ      エントに対して
 第8節 無関係な話をする患者・クライエントへの対応
 第9節 自分自身の意見が言えない場合
 第10節 質問ばかりする人への対策
 第11節 希死念慮や自殺企図につい
 第12節 自傷行為にどう対処するか
 第13節 行動化・衝動行為への対策
 第14節 ルールや守れないことへの対処
 第15節 治療者へのしがみつき(転移)への対策
 第16節 怒りや他責傾向、投影同一視への対処法
 第17節 認知の歪みに対して
 第18節 相互性のなさに対して
 第19節 責任感に乏しく、謝ってもすぐに繰り返す人に対して
 第20節 行動のコントロールがなかなかできない人への対策
 第21節 治療者に対する「脅かし」への対策
 第23節 解説ばかりして実践しない人への対策
第5章 絶望感への対処法
 第1節 絶望について
 第2節 臨床(治療)場面での絶望
 第3節 絶望感への取り組みの事例
 第4節 絶望感に対する22の治療ポイント
第6章 望ましい治療者像
第7章 望ましくない治療者像
第8章 薬をめぐって
第9章 家族はどうすればよいか?
付録1 薬の効果を上げるための10か条
付録2 リラクセーション(身体ほぐし)
あとがき

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]平井 孝男(ヒライ タカオ)

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.