創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 臨床心理・カウンセリング・心理療法 > 思春期心理臨床のチェックポイント

book

思春期心理臨床のチェックポイント

カウンセラーの「対話」を通して

菅 佐和子 編著 / 藤城 珠子 著 / 海藤 有希 著 / 橘 伸子 著 / 草波 玲子 著

刊行年月日:2005/04/12
ISBN:978-4-422-11335-7
判型:四六判 188mm × 128mm
造本:並製
頁数:232頁

16年前、小社より『思春期女性の心理療法』を刊行して好評を博した編著者が、今回はその後の臨床体験を踏まえ、若い女性心理臨床家(20~30代)4人の提出する思春期のケースの中から、「ここが困った」「ここで迷った」「こんな時、どうしたらいいのか」という普遍性のあるポイントを取り出して、柔軟で的確なコメントを付した。学校現場、クリニック、大学の心理相談室と、臨床の場も多様。

第1章 由羽との旅-スクールカウンセリングの現場から-藤城珠子
第2章 繭の『眠い』が『友達がほしい』になるまで-精神・神経科クリニックの現場から-海藤有希
第3章 琴子13歳-大学の心理相談室での出会い-橘伸子
第4章 岬の町の少女たち  草波玲子
終章 思春期心理臨床という仕事と私 菅佐和子

コラム 私がすすめる思春期を描いた本・コミック・映画
『プレゼント』『バラ色の明日』『私がいてもいなくても』 藤城珠子
『西の魔女が死んだ』 海藤有希
『花とアリス』 橘 伸子
『めぐみ』 草波玲子
『リンバロストの乙女』 菅佐和子

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

菅 佐和子編著
菅佐和子(すが・さわこ)
1949年生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。愛知医科大学精神科、愛知女子短期大学勤務を経て、現在、京都大学医学部保健学科教授。臨床心理士、教育学博士。教職と並行して心理臨床の実践に携わり続けている。主要著書に『思春期女性の心理療法』(創元社)、『「永遠の少年」の娘たち』(星和書店)、『事例にまなぶ不登校』(編著、人文書院)、『学校現場に役立つ臨床心理学』(編著、日本評論社)、『医療現場に生かす臨床心理学』(編著、朱鷺書房)、『転移/逆転移』(共著、人文書院)、『共感と解釈』(共著、人文書院)ほか。

藤城 珠子著

海藤 有希著

橘 伸子著

草波 玲子著

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.