創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 臨床心理・カウンセリング・心理療法 > 発達障害支援の可能性

花園大学発達障害セミナー4

発達障害支援の可能性

こころとこころの結び目

花園大学心理カウンセリングセンター 監修 / 橋本 和明 編 / 滝川 一廣 著 / 上野 一彦 著 / 鯨岡 峻 著 / 大島 吉晴 著 / 小海 宏之 著

刊行年月日:2012/07/23
ISBN:978-4-422-11454-5
定価:2,530円(税込)
判型:A5判
造本:並製
頁数:148頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

未来にひらかれた「支援」と「共生」の道をさぐる

発達障害へのアプローチはたいへん多様で、色々な考え方にそれぞれの関わり方が伴ってきます。そしてそれらの背景には、人間観や社会観もからんで、とても奥深いものです。本書は、こうした多様性を盛り込んだ講演を編纂した好評シリーズの最終巻となります。そこで、総まとめとして「これまでの支援と共生の試みを次の社会にどう活かしていくか」という視点で、視野を広げて、発達障害への取り組みの「明日」を語ります。

はじめに

第一講 これからの発達障害を考える (滝川 一廣)
第二講 LDの明日を語る
      ――発達障害と特別支援教育のなかで (上野 一彦)
第三講 共に生きるための関係発達臨床
      ――「子どもは育てられて育つ」という素朴な考え方に立ち還って 
      (鯨岡 峻)
第四講 発達障害児の見立てと支援について
      ――心理アセスメントと支援のポイント (大島 吉晴)
第五講 発達障害児の心理アセスメント
      ――脳機能との関連について (小海 宏之)

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[監修]花園大学心理カウンセリングセンター(ハナゾノダイガクシンリカウンセリングセンター)

[編]橋本 和明(ハシモト カズアキ)
名古屋大学教育学部卒業。家庭裁判所調査官として、名古屋・大津・福岡・大阪・静岡・和歌山の家庭裁判所を歴任し、大阪家庭裁判所主任家庭裁判所調査官を経て、現在、花園大学社会福祉学部臨床心理学科教授。同大学心理カウンセリングセンター副センター長。臨床心理士。

[著]滝川 一廣(タキカワ カズヒロ)

[著]上野 一彦(ウエノ カズヒコ)

[著]鯨岡 峻(クジラオカ タカシ)

[著]大島 吉晴(オオシマ ヨシハル)

[著]小海 宏之(コウミ ヒロユキ)

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.