創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 心身医学・交流分析 > がんとエイズの心理臨床

book

「いのち」が生々しく表れ出て「生老病死」が真正面から問われるテーマ。一人ひとりの苦しみに寄り添うためには、知識が経験へと結びついて、医療現場における多職種の経験を総動員して、一人の患者の「生のクオリティ」を支えなければならない。実はそうした姿勢は、がんやエイズのみならず、人間のあらゆる病苦に寄り添う際の基本ではないだろうか?――心理職・看護師・福祉士など「医療現場のこころのケア」専門家の基本図書。

まえがき(鶴 光代)

序章 身体医療と心理臨床(矢永由里子)

第1部 医療のなかの心理臨床
 総論1 がんの医療と心理臨床
 各論1 がんと心理臨床の実践
 総論2 エイズの医療と心理臨床
 各論2 エイズと心理臨床の実践
 総論3 がんとエイズの医療と心理臨床

第2部 いま求められる心理臨床とは
 総論 難治性疾患とメンタルケア
 各論 さまざまな現場にて――実践Q&A

第3部 医療のなかの心理臨床を拓くために

終章 これからの心理臨床――本書をふりかえって(矢永由里子)

附録
 がん医療の基礎知識(三木浩司)
 HIV/エイズの基礎知識(松浦基夫)

あとがき

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]矢永 由里子(ヤナガ ユリコ)
九州大学大学院人間環境学府臨床心理学コース博士後期課程修了。博士(人間環境学)。産業医科大学病院、国立病院機構九州医療センターにてHIVのチーム医療、遺族支援を含めた地域臨床に携わる。エイズ予防財団を経て、現在は慶應義塾大学医学部感染制御センター勤務。外国人、性被害者、震災被災者の支援や若者総合相談、自殺予防対策にも従事。

[編]小池 眞規子(コイケ マキコ)
筑波大学大学院修士課程教育研究科カウンセリング専攻修了。国立小児病院神経科、東邦大学医学部付属病院小児科を経て、1992年より国立がんセンター東病院に臨床心理士として勤務、終末期医療に携わる。2001年より目白大学勤務、現職は人間学部心理カウンセリング学科および大学院心理学研究科教授。

[著]伊藤 朋子(イトウ トモコ)

[著]井村 弘子(イムラ ヒロコ)

[著]江﨑 直樹(エザキ ナオキ)

[著]笠井 仁(カサイ ヒトシ)

[著]加藤 真樹子(カトウ マキコ)

[著]岸本 寛史(キシモト ノリフミ)

[著]小林 真理子(コバヤシ マリコ)

[著]古谷野 淳子(コヤノ ジュンコ)

[著]髙田 知惠子(タカタ チエコ)

[著]辻 麻理子(ツジ マリコ)

[著]長友 隆一郎(ナガトモ リュウイチロウ)

[著]沼 初枝(ヌマ ハツエ)

[著]服巻 豊(ハラマキ ユタカ)

[著]福地 智巴(フクチ トモハ)

[著]牧野 麻由子(マキノ マユコ)

[著]松浦 基夫(マツウラ モトオ)

[著]三木 浩司(ミキ コウジ)

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.