創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 宗教・思想 > キリスト教 > 修道院へようこそ

修道院ライブラリー

修道院へようこそ

心の安らぎを手に入れるための11章

ペーター・ゼーヴァルト 編 / ジモーネ・コーゾック 著 / 島田 道子 訳

刊行年月日:2010/05/14
ISBN:978-4-422-14387-3
判型:四六判
造本:並製
頁数:192頁

ヨーロッパ文明が生んだ心安らかに生きる知恵

「修道院ライブラリー」全4部作の第1巻。都会の喧噪をはなれ、こころの安らぎを求めて、女子修道院にとびこんだ35歳の女性編集者ジモーネ・コーゾックは、魅力的なシスターたちの指導のもと、健康で価値ある人生を送るための方法について学んでいく。1700年もの歴史をもつヨーロッパの修道院にいまも伝わる、祈りや瞑想、労働、食事などのあり方を紹介し、悩みやストレスを克服するための多くのヒントを与えてくれる一冊。

はじめに
第1章 修道院へようこそ
第2章 「修道院の安息」に関する短い考察
第3章 一日のリズムについて― 正しいリズムを見つける方法
第4章 沈黙について―安らぎを得るための最初のステップ
第5章 静寂について―安らぎを得るために、なぜ静かな決まった場所が必要なのか
第6章 聞くことについて―なぜ、正しい「謙虚」と「従順」が必要なのか
第7章 日々の暮らしについて―安らぎを日常にとり入れる方法
第8章 祈りについて―安らぎに近づくもっとも重要な方法
第9章 黙想について―魂の深みへ降りていく方法
第10章 自分自身について―自分自身と、また他人と、いままでよりも仲よく暮らすための方法
第11章 人生のリズムについて―自分の人生と、うまく折り合うための方法

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]ペーター・ゼーヴァルト(ゼーヴァルト,ペーター)
編 者 ペーター・ゼーヴァルト
1954年生まれ。シュピーゲル、シュテルン、南ドイツ新聞の雑誌編集者かつ筆者。ローマ教皇ベネディクト16世との対談本『地の塩』、『神と世界』は16カ国語に訳されている。最近出版された著書に『グリュース・ゴット─再び神のことを考え始めた時』があり、『修道士文庫』の編纂者でもある。ミュンへン在住。

[著]ジモーネ・コーゾック(コーゾック,ジモーネ)
著 者 ジモーネ・コーゾック
1967年生まれ。WAZおよび南ドイツ新聞の雑誌編集者として活躍した。2002年からフリージャーナリスト、ライターとして仕事をしている。最近出版された著書に『誰に向かっても無言』がある。

[訳]島田 道子(シマダ ミチコ)
翻訳者 島田道子(しまだ みちこ)
慶應義塾大学大学院文学研究科独文学専攻(修士課程)修了。専門はドイツ語圏文学で、特にローベルト・ムージルの文学に造詣が深い。現在、鶴見大学歯学部常任講師。

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.