MENU

images images

発売カレンダー
ランキング
セミナー・イベント
特集一覧
image

TOPすべての商品文学・エッセイ > 自分疲れ

book クリック立ち読み

シリーズ「あいだで考える」

自分疲れ

ココロとカラダのあいだ


頭木 弘樹 著

単行本 ¥1,540

刊行年月日:2023/04/10
ISBN:978-4-422-93098-5
定価:1,540円(税込)
判型:四六判変型 168mm × 130mm
造本:並製
頁数:160頁

↓ネット書店でのご購入はこちら

お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns


内容紹介

正解のない問いを考え、多様な他者と生きる

シリーズ「あいだで考える」創刊!

不確かな時代を共に生きていくために必要な
「自ら考える力」
「他者と対話する力」
「遠い世界を想像する力」
を養う多様な視点を提供する、
10代以上すべての人のための人文書のシリーズ。



『自分疲れ――ココロとカラダのあいだ』

自分を好きとか嫌いとかに関係なく、
「自分がしっくりこない」「自分でいることになじめない」
というような違和感を覚えたことはないだろうか?

なぜ、自分に疲れてしまうのか。
「自分」とは何なのか?
難病のカラダを持つ著者の
ココロとカラダの探究ガイド。


難病の実体験に基づいたユニークな文学紹介活動を展開している著者が、「自分自身でいることに疲れを感じる」「自分自身なのになぜかなじめない」といった「違和感」を出発点にして、文学や漫画、映画など多彩なジャンルの作品を取り上げながら、心と体の関係性について考察していく。読者が「私だけの心と体」への理解を深める一助となる一冊。(装画:香山哲)
もっと見る

目次

まえがき 自分自身がしっくりこない

1章 「自分」とは「心」なのか「体」なのか?
2章 体の操縦法、心の操縦法
3章 体が変わると心が変わる
4章 心はいくつある? 体はいくつある?
5章 「食べられない」と「漏らす」──あなたの心と体を社会はどう評価するのか?
6章 分けないことで分かる──ココロとカラダのあいだ

あとがき 弱い本

ココロとカラダのあいだをもっと考えるための作品案内

もっと見る

著者紹介

[著]頭木 弘樹(カシラギ ヒロキ)
頭木弘樹(かしらぎ・ひろき)
文学紹介者。20歳のときに難病(潰瘍性大腸炎)にかかり、13年間の闘病生活を送る。そのときにカフカの言葉が救いになった経験から『絶望名人カフカの人生論』(飛鳥新社/新潮文庫)を編訳。著書に『うんこ文学』(ちくま文庫)、『ひきこもり図書館』(毎日新聞出版)、『食べることと出すこと』(医学書院)ほか多数。

※著者紹介は書籍刊行時のものです。
もっと見る

動画


ダウンロード

  • シリーズ「あいだで考える」パンフレットダウンロードはこちら
    >>>PDF:10.0MB

メディア情報

2023/07/22 朝日中高生新聞
2023年7月号 Oggi
2023/04/21 新潟日報、秋田魁新報

banar

banar

banar


お客様の声

レビューを書く


関連書籍

ページ:1 / 2


イチ推し!


関連特集


創元社オンラインショップの特長

新着情報
お知らせ 2021/06/14 総合図書目録発行終了のお知らせ
セミナー・イベント 2024/05/20 【6/23】『オンラインセラピーの理論と実践』刊行記念イベント「オンラインセラピー はじめの一歩」
お知らせ 2024/05/20 書物復権共同復刊フェア開催書店のお知らせ
セミナー・イベント 2024/05/15 【8/10】対面&オンライン研修会「カウンセリングで使える! フォーカシング指向心理療法」

images