TOPICS 更新履歴

2022.08.16
「子どもの本100問100答」を更新しました。
2022.08.02
「今月のおすすめ本」を更新しました。
2022.07.15
「子どもの本100問100答」を更新しました。
2022.07.01
「今月のおすすめ本」を更新しました。
2022.06.15
「子どもの本100問100答」を更新しました。

書籍紹介動画

学校・図書館さまにおすすめの書籍の内容を、動画でご紹介します。

動画一覧はこちら(YouTube)

今月のおすすめ本

おすすめの新刊や話題の書籍を、教育・図書館関係者さまの推薦のことばとともにご紹介します。

さらに知っておきたい日本の絶滅危惧植物図鑑

さらに知っておきたい日本の絶滅危惧植物図鑑

長澤淳一、瀬戸口浩彰著
定価 2,200円(税込)

『知っておきたい日本の絶滅危惧植物図鑑』(2020年刊)に待望の第2弾が登場。前著に引き続き、新たに選出した希少種約100種を貴重な写真と解説で紹介する。

世界遺産を救え!

世界遺産を救え!

レオ・ホプキンソン著/武井摩利訳
定価 2,200円(税込)

美しい風景、壮大な建造物、歴史的な都市や古代の遺跡などさまざまな自然遺産、文化遺産をとりあげ、遺産を守るために、人々がどのように力を合わせているかを紹介します。

はたけの絵本

はたけの絵本

いわむらかずお著
定価 1,540円(税込)

いわむらかずお待望の最新作!野菜と動物の観察から生まれた「だいこんとのうさぎ」などハートウォーミングな12の物語。物語は韻を踏んでいてリズミカルなので、音読に最適! QRコードで朗読動画が視聴可能!!

こどもが探せる身近な場所のきれいな石材図鑑

こどもが探せる身近な場所のきれいな石材図鑑

柴山元彦+井上ミノル著
定価 1,650円(税込)

日常生活のあらゆる場所に使われている「石材」に着目し、岩石の種類とでき方、石材の加工工程から用途まで、石材がどんな形で私たちの生活を支えているかをマンガと図版たっぷりの解説で紹介する、自由研究にも最適の一冊。

ひと目でわかる 脳のしくみとはたらき図鑑

ひと目でわかる 脳のしくみとはたらき図鑑

黒木俊秀、神野尚三日本語版監修/小野良平訳
定価 3,080円(税込)

脳の基本的な構造や領域別のはたらきから、人工知能といった最新の研究に至るまで、幅広いトピックを網羅。明快なイラストと共にわかりやすく解説したビジュアル図鑑です。

寝るのが楽しくなる 睡眠のひみつ

寝るのが楽しくなる 睡眠のひみつ

ヴィッキー・ウッドゲート著/ヴィッキー・ウッドゲートイラスト/山崎正浩訳
定価 2,200円(税込)

鮮やかな絵や図を用いながら、睡眠のしくみや役割を、歴史、地理、動植物の生物学、人体、心理学など、関連する様々な項目で簡明に解説。睡眠の大切さや、安眠の為の実用的なヒントも端的に説明。睡眠の謎がわかる知識絵本。

【ビジュアル版】 世界の人物 大年表

【ビジュアル版】 世界の人物 大年表

定延由紀、李聖美、中村佐千江、伊藤理子訳
定価 4,950円(税込)

無名の少女から広大な領土を統治した皇帝まで、強い意志で人生を切り拓き、人々の考え方や行動に影響を与えてきた人たちの生涯を印象的なエピソードと豊富な図版で紹介する「絵で読む世界の人物年表」。

AI時代を生き抜くプログラミング的思考が身につくシリーズ【3巻セット(⑦~⑨)】

AI時代を生き抜くプログラミング的思考が身につくシリーズ【3巻セット(⑦~⑨)】

土屋誠司著
定価 8,250円(税込)

これからの時代を生きていくために必要な情報をコンパクトにまとめた小学生~中学生向き入門書シリーズ。『⑦ロボットと生きる世界』『⑧IoTで変わる社会』『⑨ICTが変える未来』の3巻セット。

AI時代を生き抜くプログラミング的思考が身につくシリーズ【3巻セット(④~⑥)】

AI時代を生き抜くプログラミング的思考が身につくシリーズ【3巻セット(④~⑥)】

土屋誠司著
定価 8,250円(税込)

これからの時代を生きていくために必要な情報をコンパクトにまとめた小学生~中学生向き入門書シリーズ。『④コンピュータのしくみ』『⑤ネットワーク・通信のしくみ』『⑥情報セキュリティのしくみ』の3巻セット。

AI時代を生き抜くプログラミング的思考が身につくシリーズ【3巻セット(①~③)】

AI時代を生き抜くプログラミング的思考が身につくシリーズ【3巻セット(①~③)】

土屋誠司著
定価 8,250円(税込)

これからの時代を生きていくために必要な情報をコンパクトにまとめた小学生~中学生向き入門書シリーズ。『①AI〈人工知能〉のきほん』『②プログラミングのきほん』『③デジタルリテラシーのきほん』の3巻セット。

子どもの本
100問100答

子どもの本に関わる質問や疑問にQ&A形式でお答えします。内容は月替わりで更新いたします。
※2013年8月刊行『子どもの本100問100答』(一般財団法人大阪国際児童文学振興財団編)より抜粋
(2022.08.16更新)

図書館で「ヤングアダルト」という言葉を聞いたのですが、どういう意味ですか?

「ヤングアダルト」の意味は

 「ヤングアダルト」とは、おおよそ12歳から19歳まで*1の若い人のことです。思春期に入り、自分は「もう子どもではない」と思っていますが、まわりの大人からは「まだ大人ではない」と思われている年齢で、自我の芽生え、将来への不安、社会との軋轢、性の悩み、友だちや家族との葛藤などを抱えている時期です。略して「Y・A(YA)」ともいいます。「ヤングアダルト文学(ヤングアダルトを対象とした文学)」を指している場合もあります。

ヤングアダルト文学について

 ヤングアダルト文学(以下、YA文学とします)は、児童文学と一般文学の間のジャンルで、もう児童文学を読む年齢ではないが、小説を読むのは難しく、読書離れしがちな思春期の若い人たちを対象に生まれた文学です。アメリカで生まれ、最初のYA文学はサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』*2だといわれています。思春期の若い人がアイデンティティを確立し、自己実現をめざすために向き合わなければならない大切なテーマである性・薬物・暴力・いじめ・自殺・病気・家出・家族・友情・恋愛・職業などがとりあげられて、読みやすく書かれています。

 日本でも朝日新聞の書評「ヤングアダルト招待席」*3や『赤木かん子のヤングアダルト・ブックガイド』*4『YA 読書案内 ヤングアダルト(13歳~19歳)にすすめる600冊の本』*5などがきっかけになってYA文学への関心が少しずつ高まりました。ほかに『12歳からの読書案内』*6『13歳からの読書 ヤングアダルト図書総目録』*7などのブックリストも刊行されています。

 最近のYA作品の特徴としては、一般書やライトノベルとの境界がますます希薄になっていることがあげられます。そんな中でも「YA!ENTERTAINMENT」(講談社)、「SUPER!YA」(小学館)、「海外ミステリーBOX」(評論社)、「よりみちパン!セ」(イースト・プレス)などのシリーズがあり、YA読者のための本が出版されています。海外では、『怪物はささやく』*8や『墓場の少年』*9のように、挿絵がふんだんに使われ、「死」をテーマにした作品が出版されていることが新しい傾向としてあげられます。一方、日本では、中高校生のコミュニケーションの困難さを描いた作品が多く出版されており、あさのあつこ『一年四組の窓から』*10、笹生陽子『家元探偵マスノくん』*11、浜野京子『木工少女』*12、梨木香歩『僕は、そして僕たちはどう生きるか』*13などがあります。

ヤングアダルト・サービスについて

 ヤングアダルト・サービスとは、ヤングアダルトを対象とした図書館でのサービスで、図書館内にコーナーや部屋を設けて資料を置いて、特別プログラムなどを提供しています。資料は、この年齢の利用者の幅広い興味に対応し、小説、ノンフィクションのほかに、視聴覚資料、雑誌、マンガ、文庫本(ライトノベルなども含む)、実用書など多様な資料をそろえます。読書会や人気作家の講演会の開催、ホームページにYA専用サイトや役立つリンク集を設定したり、ツイッター発信を行ったりすることもサービスの充実につながります。イベントやブックリスト等を図書館員と10代の利用者がともにつくることも意味があります。さまざまな課題を抱えている若い世代が複雑で困難な大人社会に入れるように支援する場をコーディネートするスタッフとして、図書館員の継続的な研修もますます必要になっています。

*注1.明確な規定はなく、13歳から18歳を指す場合もある。 *注2.『キャッチャー・イン・ザ・ライ』村上春樹訳、白水社、2003など *注3.1987年から連載開始、赤木かん子と金原瑞人が執筆。 *注4.レターボックス社、1993 *注5.赤木かん子・金原瑞人・佐藤凉子・半田雄二編、晶文社、1993 *注6.金原瑞人監修、すばる舎、2005 *注7.ヤングアダルト図書総目録刊行会編集・発行、1982年から毎年刊行。 *注8.シヴォーン・ダウド原案、パトリック・ネス著、池田真紀子訳、あすなろ書房、2011 *注9.ニール・ゲイマン著、金原瑞人訳、角川書店、2010 *注10.光文社、2012 *注11.ポプラ社、2010 *注12.講談社、2011 *注13.理論社、2011

カタログ
ダウンロード

毎年4月に発行している学校・公共図書館さま向け図書カタログや、
4月以降に刊行した新刊のチラシを下記よりダウンロードしていただけます。

SDGs関連本特集