Tweet

美しい電子顕微鏡写真と構造図で見るウイルス図鑑101

驚きのウイルス、全101種驚きのウイルス、全101種

ヒトから細菌まで、すべての生物種に存在するウイルス。
ウイルス学の基礎とともに101種類のウイルスを
ヒト、動物、植物、昆虫、菌類などの宿主別に紹介。
ウイルスがさまざまなかたちで生命の根源に
深く関わっていることがわかるビジュアルガイド。

「本書に寄せて」より
ウイルスの多様性を知るのは、おもしろいというだけではない。命に関わる大切なことでもある。死に至る病が次に大流行するのはどこからか、そのウイルスの弱点は何かを見極める必要がある。科学者は新種のウイルスを発見しては、その一部を細菌性疾患の治療や、遺伝物質の運び屋として、あるいはナノ物質の作成に役立てている。ウイルスの美しさに気づけば、自然がもつ発明の才をよりよく理解でき、ウイルスの犠牲にならずにすむ方法も学べるのだ。
――カール・ジンマー
「監修者の言葉」より
本書は、環境微生物学者である著者が、研究機関、研究者から提供を受けた最新の彩色した電子顕微鏡写真に、その構造の理解を助けるイラストやウイルス学の基礎知識を加えた科学図鑑であり、カラフルな自然写真も、ウイルスと生物の意外な関係を教えてくれる。
――国立感染症研究所 布施 晃

美しい電子顕微鏡写真と構造図で見るウイルス図鑑101

B5判変型(247×175ミリ)・上製・256頁
オールカラー・定価(本体3,800円+税)

本書の特徴

多彩なビジュアルガイド
数多くの写真と図を用い、あらゆる生物に感染する
ウイルスが持つ多様性と複雑さを伝える
わかりやすい構成
各ウイルスの特徴、構造、発見の経緯、利用法、
分布図などを見開きで簡潔にまとめた
あらゆるウイルスを網羅
ヒトに感染症をもたらすウイルスだけでなく、
ヒト以外を宿主とするウイルスも扱う
色鮮やかな電子顕微鏡写真
各ウイルスの写真をページ大のサイズで掲載

目 次

本書に寄せて―カール・ジンマー

イントロダクション
ウイルスとは何か
ウイルス学のあゆみ
ウイルス学史 年表
ウイルス論争
ウイルスの分類法
ウイルスの複製
パッケージング
感染経路
ウイルスのライフスタイル
免疫
ヒトウイルス:24種
チクングニアウイルス
デングウイルス
エボラウイルス
C型肝炎ウイルス
ヒトアデノウイルス2型
ヒト単純ヘルペスウイルス1型
ヒト免疫不全ウイルス
ヒトパピローマウイルス16型
ヒトライノウイルスA型
A型インフルエンザウイルス
JCウイルス
麻疹ウイルス
ムンプスウイルス
ノーウォークウイルス
ポリオウイルス
A群ロタウイルス
SARS関連コロナウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
痘瘡(天然痘)ウイルス
ウエストナイルウイルス
黄熱ウイルス
ジカウイルス
シンノンブレウイルス
トルクテノウイルス
動物ウイルス:19種
アフリカ豚コレラウイルス
ブルータングウイルス
ボア封入体病ウイルス
ボルナ病ウイルス
ウシウイルス性下痢ウイルス1型
イヌパルボウイルス
口蹄疫ウイルス
ラナウイルス3型
伝染性サケ貧血ウイルス
ミクソーマウイルス
ブタサーコウイルス
狂犬病ウイルス
リフトバレー熱ウイルス
牛疫ウイルス
ラウス肉腫ウイルス
サルウイルス40(SV40)
ウイルス性出血性敗血症ウイルス
ネコ白血病ウイルス
マウスヘルペスウイルス68型
植物ウイルス:22種
アフリカキャッサバモザイクウイルス
バナナバンチートップウイルス
オオムギ黄萎ウイルス
カリフラワーモザイクウイルス
カンキツトリステザウイルス
キュウリモザイクウイルス
イネエンドルナウイルス
ウルミアメロンウイルス
エンドウひだ葉モザイクウイルス
プラムポックスウイルス
ジャガイモYウイルス
イネ萎縮ウイルス
イネ白葉病ウイルス
サテライトタバコモザイクウイルス
タバコエッチウイルス
タバコモザイクウイルス
トマトブッシースタントウイルス
トマト黄化えそウイルス
トマト黄化葉巻ウイルス
シロクローバ潜伏ウイルス
ビーンゴールデンモザイクウイルス
チューリップモザイクウイルス
無脊椎動物ウイルス:11種
コマユバチブラコウイルス
コオロギ麻痺ウイルス
羽変型病ウイルス
ショウジョウバエCウイルス
オオバコアブラムシデンソウイルス
フロックハウスウイルス
昆虫虹色ウイルス6型
マイマイガ核多角体病ウイルス
オルセーウイルス
ホワイトスポット病ウイルス
イエローヘッド病ウイルス
菌類・原生動物ウイルス:10種
ミミウイルス
クレブラリア熱耐性ウイルス
ヘルミントスポリウム・ビクトリアウイルス190S型
ペニシリウム・クリソゲヌムウイルス
ピソウイルス
サッカロマイセス・セレビシエL-Aウイルス
クリホネクトリア・ハイポウイルス1型
オフィオストマ・ミトウイルス4型
クロレラウイルス1型
ファイトフトラエンドルナウイルス1型
細菌・古細菌ウイルス:15種
枯草菌ファージΦ29
腸内細菌ファージラムダ
腸内細菌ファージT4
腸内細菌ファージΦX174
マイコバクテリウムファージD29
ラルストニアファージΦRSL1
シネココッカスファージSYN5
アシディアヌスボトル型ウイルス1型
アシディアヌス双尾ウイルス
腸内細菌ファージH-19B
腸内細菌ファージM13
腸内細菌ファージQβ
ブドウ球菌ファージ80
スルフォロブススピンドルウイルス1型
ビブリオファージCTX

目 次

本書に寄せて―カール・ジンマー

イントロダクション
ウイルスとは何か
ウイルス学のあゆみ
ウイルス学史 年表
ウイルス論争
ウイルスの分類法
ウイルスの複製
パッケージング
感染経路
ウイルスのライフスタイル
免疫
ヒトウイルス:24種
チクングニアウイルス
デングウイルス
エボラウイルス
C型肝炎ウイルス
ヒトアデノウイルス2型
ヒト単純ヘルペスウイルス1型
ヒト免疫不全ウイルス
ヒトパピローマウイルス16型
ヒトライノウイルスA型
A型インフルエンザウイルス
JCウイルス
麻疹ウイルス
ムンプスウイルス
ノーウォークウイルス
ポリオウイルス
A群ロタウイルス
SARS関連コロナウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
痘瘡(天然痘)ウイルス
ウエストナイルウイルス
黄熱ウイルス
ジカウイルス
シンノンブレウイルス
トルクテノウイルス
動物ウイルス:19種
アフリカ豚コレラウイルス
ブルータングウイルス
ボア封入体病ウイルス
ボルナ病ウイルス
ウシウイルス性下痢ウイルス1型
イヌパルボウイルス
口蹄疫ウイルス
ラナウイルス3型
伝染性サケ貧血ウイルス
ミクソーマウイルス
ブタサーコウイルス
狂犬病ウイルス
リフトバレー熱ウイルス
牛疫ウイルス
ラウス肉腫ウイルス
サルウイルス40(SV40)
ウイルス性出血性敗血症ウイルス
ネコ白血病ウイルス
マウスヘルペスウイルス68型
植物ウイルス:22種
アフリカキャッサバモザイクウイルス
バナナバンチートップウイルス
オオムギ黄萎ウイルス
カリフラワーモザイクウイルス
カンキツトリステザウイルス
キュウリモザイクウイルス
イネエンドルナウイルス
ウルミアメロンウイルス
エンドウひだ葉モザイクウイルス
プラムポックスウイルス
ジャガイモYウイルス
イネ萎縮ウイルス
イネ白葉病ウイルス
サテライトタバコモザイクウイルス
タバコエッチウイルス
タバコモザイクウイルス
トマトブッシースタントウイルス
トマト黄化えそウイルス
トマト黄化葉巻ウイルス
シロクローバ潜伏ウイルス
ビーンゴールデンモザイクウイルス
チューリップモザイクウイルス
無脊椎動物ウイルス:11種
コマユバチブラコウイルス
コオロギ麻痺ウイルス
羽変型病ウイルス
ショウジョウバエCウイルス
オオバコアブラムシデンソウイルス
フロックハウスウイルス
昆虫虹色ウイルス6型
マイマイガ核多角体病ウイルス
オルセーウイルス
ホワイトスポット病ウイルス
イエローヘッド病ウイルス
菌類・原生動物ウイルス:10種
ミミウイルス
クレブラリア熱耐性ウイルス
ヘルミントスポリウム・ビクトリアウイルス190S型
ペニシリウム・クリソゲヌムウイルス
ピソウイルス
サッカロマイセス・セレビシエL-Aウイルス
クリホネクトリア・ハイポウイルス1型
オフィオストマ・ミトウイルス4型
クロレラウイルス1型
ファイトフトラエンドルナウイルス1型
細菌・古細菌ウイルス:15種
枯草菌ファージΦ29
腸内細菌ファージラムダ
腸内細菌ファージT4
腸内細菌ファージΦX174
マイコバクテリウムファージD29
ラルストニアファージΦRSL1
シネココッカスファージSYN5
アシディアヌスボトル型ウイルス1型
アシディアヌス双尾ウイルス
腸内細菌ファージH-19B
腸内細菌ファージM13
腸内細菌ファージQβ
ブドウ球菌ファージ80
スルフォロブススピンドルウイルス1型
ビブリオファージCTX
美しい電子顕微鏡写真と構造図で見るウイルス図鑑101

B5判変型(247×175ミリ)
上製・256頁・オールカラー
定価(本体3,800円+税)

【著 者】 マリリン・J・ルーシンク
ペンシルベニア州立大学感染症センター教授(植物病理学、環境微生物学、生物学)。米国ウイルス学会評議員。数々の賞や栄誉を受け、与えられた研究費は1000万ドルを超える。これまでに発表した学術論文は60以上、「ネイチャー」「Microbiology Today」 などの雑誌にも寄稿している。
【監修者】 布施 晃
1947年生まれ。東京教育大学理学部卒業。千葉大学医学部助手。その後、米国、ベルギー、フランスの大学の研究員、ルーベン大学医学部客員教授(ウイルス学)、国立感染症研究所室長を歴任。現在は国立感染症研究所客員研究員、帝京科学大学非常勤講師。専門は微生物学、血液腫瘍学、宇宙医学(感染症)、科学普及。医学博士。