論理的思考や集中力だけでなく、アイデアを形にする力や課題をみずから発見して解決する力まで、プログラミングから学べることはたくさん! これからのAI時代を生き抜いていく力を身につけよう。
カラフルなイラストや興味をひくプロジェクトを通して、人気のプログラミング言語Pythonの基本が楽しく学べます。
プログラミングの手順を小さなステップに分けてやさしく解説しているので、はじめての人でもかんたんにコーディングに取り組めます。
絵を描いたり、動くグラフィックを作ったり、シンプルだけど楽しいゲームを作ったり。この本一冊でPythonの基礎の習得から実践までカバーできる最高の入門書です。

  • ・プログラミングってなんだろう?
  • ・パイソンはどんな言語かな?
  • ・パイソンのインストール
  • ・IDLEを使ってみる
  • ・最初のプログラム
  • ・変 数
  • ・判断する
  • ・くり返し
  • ★動物クイズ
  • ・関 数
  • ・デバッグ(バグとり)
  • ★パスワード生成機
  • ・モジュール
  • ★文字当てゲーム
  • ★カウントダウン・カレンダー
  • ★エキスパートシステム
  • ★ひみつのメッセージ
  • ★ペットをかおう >>
  • ・ソースコード
  • ・用語集
本書の中で解説しているプロジェクトの一部を紹介。
わかりやすい説明と内容で、プログラミングに夢中になれる工夫がもりだくさん!

プロジェクト見本 1

アーティストになってみよう!
かんたんなプログラムでふくざつな「動く」模様がすぐに描けるよ

プロジェクト見本 2

アプリケーションを作ってみよう!
なでると喜んだり、放っておくと悲しんだりするペットができるよ

プロジェクト見本 3

かんたんなゲームで遊ぼう!
葉っぱを食べるとどんどん成長してコントロールがむずかしくなるよ

イギリスの人気タレントで数多くのテレビ番組に出演。ケンブリッジ大学で工学の学位を取得し、数学、科学、工学についておもしろくわかりやすく解説することに情熱を注いでいる。また、プログラミングに強い関心を持ち、子どもの頃からプログラミングを学ぶ機会を持つことを勧めている。

慶應義塾大学卒。第一種情報処理技術者。株式会社日立製作所に入社後、京王帝都電鉄株式会社(現京王電鉄株式会社)に移り、情報システム部門でプログラマーとして勤務。2001年に退職し、現在は翻訳業に従事している。

2020年より小・中学校でプログラミング教育が本格化――人気の言語「パイソン」を習得するための最高の入門書が登場。プログラミングの手順を1ステップずつやさしく解説。
240×200ミリ・上製・224ページ
定価(本体2,800円+税)