TOP カーネギーとは… 本の紹介 書評・紹介記事 読者の声 CD 特装版

カーネギーとは・・・

 
Dale Carnegie
1888 年、米国ミズーリ州の農家に生まれ州立学芸大学卒業後、雑誌記者、俳優、セールスパーソン等雑多な職業を経て、YMCA弁論術担当となり、やがてD・カーネギー研究所設立人間関係の先覚者として名声を博す。1955 年、66歳で死去。昭和28 年の夏、カーネギーは、世界周遊旅行の途中、関西をおとずれ、京都を見物して香港に向かったが、その際、「日本で一番印象の深かったものは?」という質問に「それは日本人です」と言い残して船に乗った。人間に対する彼の関心の深さをしめすことばといえよう。

幸福は人の地位とか財産には関係がない。
まったく自分の考え方一つで、人は幸福にも不幸にもなる。だから毎朝自分にとってありがたいもののことを考えて、一日を始めることだ。
人の未来は自分が今日考えていることに非常に大きく左右される。だから希望と自信、愛と成功のことばかり考えるのだ。
~『カーネギー名言集』 第2章 信ずる心 より

人を動かす秘訣は、この世に、ただ一つしかない。この事実に気づいている人は、はなはだ少ないように思われる。しかし、人を動かす秘訣は、間違いなく、一つしかないのである。
すなわち、自ら動きたくなる気持ちを起させること……これが秘訣だ。(中略)
人を動かすには、相手の欲しているものを与えるのが、唯一の方法である。
~『カーネギー名言集』 第3章 人間関係について より

ちょっとした心がけ一つで、この世全体が少しでも幸福になる。一人ぽっちの人や意気消沈している人を見かけたら、その場で二言三言、優しい言葉をかけてあげよう。たぶん明日になれば、そんな親切をしたことは忘れてしまうだろう。だが親切にされた者は、あなたの言葉を一生胸に抱き続けるだろう。
~『カーネギー名言集』 第3章 人間関係について より

ものの見方を改めれば、どんな仕事でも楽しくなる。(中略)
実益の点から考えても、仕事に興味を持つと人生の楽しみが二倍になる。起きている時間の約半分は仕事をしているのだから、仕事が楽しくなければ、人生は不幸になる。 仕事が面白くなれば悩みは忘れるし、いつの日かは昇進や昇給も実現するかも知れない。
~『カーネギー名言集』 第4章 仕事について より

自分が他人と違うからといって一瞬にもせよ悲観することはない。あなたはこの世の新しい存在なのだ。開闢以来、あなたと瓜二つの人間はいなかったし、将来どんな時代が訪れようと、あなたとまったく同じ人間が現われることはないだろう。
~『カーネギー名言集』 第5章 自分自身について より

 

Copyright (C) 2008 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.