創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文化・民俗・ガイド > 鉄道手帳[2022年版]

鉄道手帳[2022年版]

来住 憲司 監修 / 創元社編集部 編

刊行年月日:2021/09/21
ISBN:978-4-422-24089-3
定価:1,540円(税込)
判型:B6判 182mm × 128mm
造本:並製
頁数:248頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

2022年版より〈鉄道手帳WEB〉を開設

2008年から毎年発行する鉄道情報満載のダイアリー。

2022年版では、新たに〈鉄道手帳WEB〉を開設。巻頭路線図、過去資料のアーカイブほかをユーザーの皆様に限り、特別公開します。

手帳本体同様、存分にご活用くだされば幸いです。


【特徴】

1)国内のすべての路線、停車場(駅・信号場・操車場)および停留場を記載した「全国鉄軌道路線図」を収録。貨物鉄道も載っています。

2)週間ページ(ダイアリー)には、注目すべき列車のデビューや路線開業など、記念すべき日や豆知識を記載。「毎日、どっぷり鉄道漬け」になれます。

3)さらに巻末には、鉄軌道各社の基本データや、車両の形式記号・番号の読み方など各種情報をまとめた資料編40ページ超を収録。

4)〈鉄道手帳WEB〉は3つのセクションで構成。『鉄道手帳』の代名詞ともいえる「全国鉄軌道路線図」、諸般の事情で再掲載が叶わない資料を集めた「資料編アーカイブ」、さらに「関西の鉄道車両図鑑WEB版」を特別公開します。課金は一切なく、パソコンでもスマホでもご覧になれます(要ユーザー登録)。

●全国鉄軌道路線図[2021-2022]
●年間カレンダー
●月間スケジュール
●週間ダイアリー(見開き1週間タイプ)
●資料編
1.鉄道の種類
2.停車場、停留場の概念
3.日本の鉄道事業者・軌道経営者一覧
4.列車運行事業者と線路所有者が異なる区間一覧
5.JR列車の種類
6.JR車両の形式記号・番号の読み方
7.日本の観光列車一覧
8.日本の動態保存蒸気機関車一覧
9.国鉄・JRディーゼル機関車配置の変遷
10.大手私鉄の現役車両一覧
11.全国の停車場および路線の動向

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[監修]来住 憲司(キシ ケンジ)
来住 憲司(キシ ケンジ)
1961年東京生まれ。父が転勤族だったため、生後半年ほどで四国・松山に転居したのを皮切りに、西日本各地を転々とする少年時代を過ごす。現役蒸機時代末期と重なったこともあり、各地で蒸機撮影にいそしむ。サラリーマン時代にはリゾート開発に関わり、技術的な折衝で頻繁に運輸局に出入りした時期もある。その後は鉄道のCD-ROMコンテンツや鉄道誌・旅行誌への寄稿、鉄道をテーマとする単行本を手がける。
著書:『京都鉄道博物館ガイド』、『関西の鉄道車両図鑑』『「見る鉄」のススメ 関西の鉄道名所ガイド』(いずれも単著)、『東京の地下鉄相互直通ガイド』(共著)、『全国駅名事典』(編集協力)など。

[編]創元社編集部(ソウゲンシャヘンシュウブ)

2021/09/16
2021年9月刊行の『鉄道手帳[2022年版]』の路線図に以下の誤りがありました。
訂正してお詫びいたします。

●路線図p.7の阿佐海岸鉄道について 2020年12月1日から海部~甲浦間、全線休止中であるため(バス代行輸送中)、お手数をおかけしますが「*2020年12月1日から休止中」と補ってご利用願います。

また、同路線に記載されている「阿波海南信号場」と「甲浦信号場」は10月1日時点では未開業であり、DMV(デュアル・モード・ビークル)運行開始時(2021年度中)に開業の予定です。ご留意願います。

banar

banar

関連書籍

ページ:1 / 2

rev rev

トップへ戻る

関連グッズ

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.