創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文学・エッセイ > 聴くと聞こえる

book

聴くと聞こえる

on Listening 1950-2017

谷川 俊太郎 著

刊行年月日:2018/02/15
ISBN:978-4-422-91034-5
判型:四六判変型 18cm × 15cm
造本:上製
頁数:128頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

魂の耳をすます

「目では分からない世界の奥行きが、耳には分かる」

谷川俊太郎の最新詩集は「聴く」ことをめぐる、心にしみるアンソロジー。
初期の作品から本書のための書き下ろしまで、60年を越える詩業から選び抜かれた46の詩とエッセイが、言い交す声に、川の瀬音に、弦の調べに、静けさに耳をすますことを勧め、時に自分の耳を信じるな、と警告する。
本詩集はまた、作者が「私にとってなくてはならぬもの」と言うクラシック音楽へのオマージュでもある。モーツァルトが、ベートーベンが、友人、武満徹がうたわれる。
「聴く」ことは作者の原点。自在、多彩な言葉が織りなす豊穣な世界がここにある。
創元社からの刊行は、デビュー作『二十億光年の孤独』、翌年の『62のソネット』以来、じつに65年ぶり。

[もくじ]

[もくじ]

物音
クラヴサン
波の音を
和音
ピアノを開く時
ただそれだけの唄
53(影もない曇った昼に)
26(ささやかなひとつの道を歩き続けると)
きいている
三月のうた
〈永遠に沈黙している限りない青空の下の〉
スキャットまで
ピアノ
空耳
〈沈黙を語ることの出来るものは〉
鳥羽9
ひとり
音楽のように
奏楽
ケトルドラム奏者
音楽のとびら
あのひとが来て
おまえが死んだあとで
よろい戸の奥
なんにもしたくない
耳と目
生きとし生けるものはみな
風景と音楽
夜のラジオ
聞きなれた歌
ないしょのうた
魔法
泣いているきみ
聴く
「音の河」 武満徹に
〈武満徹は好きな絵は仕事場には置かなかったそうだ〉
音楽
このカヴァティーナを
音楽ふたたび
モーツァルト、モーツァルト!
〈夜、ひそかに人が愛する者の名を呼ぶ時〉
夕立の前
音楽の前の……
八ヶ岳高原音楽堂に寄せて
音楽の時
河原の小石

 あとがき

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]谷川 俊太郎(タニカワ シュンタロウ)

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.