創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 芸術・趣味 > 芸術・美術 > 美しいアンティーク生物画の本

美しいアンティーク生物画の本

クラゲ・ウニ・ヒトデ篇

山田 英春 編

刊行年月日:2017/06/22
ISBN:978-4-422-43023-2
判型:四六判 188mm × 132mm
造本:並製
頁数:128頁

紙に閉じ込めた海の神秘。静かなアクアリウムのなかへ。

近年人気が高まる、多色刷石版画や手彩色銅版画などの美しい印刷画。本書は、主に19世紀半ばから20世紀初頭に刊行された百科辞典や図鑑などの挿画プレートから『美しいアンティーク鉱物画の本』の編者である山田英春氏がとくにクラゲ、ウニ、ヒトデの秀作を厳選し収録。写真では到底味わえない絶妙な色彩やディテイルも堪能できるレトロでアンティークな世界。ヘッケルのクラゲ・プレートも収めた小さくてかわいい愛蔵版です。

■「解説とあとがき」より、ヘッケルの解説を一部紹介。
 10~27頁の図版はドイツの生物学者エルンスト・ヘッケル(1834~1919)の著書『自然の芸術的な形』から。ヘッケルはベルリン大学で医学を学ぶが、学生時代に調査に赴いた北海や地中海で採取した微小な放散虫やクラゲの形に魅せられ、医者にはならず、海の無脊椎動物の形態を研究テーマとするようになった。
 1861年、イェーナ大学で比較解剖学・動物学の教授に就任し、引退まで在籍する。
 ヘッケルは1859年に刊行されたダーウィンの『種の起源』に大きな影響を受け、自然選択説を強く支持、自らも進化論の解説書を書くなどしてドイツでの普及役を担った。
 また、自然界の事象を単一の原理に帰する一元論者となり、反対論者や宗教界との激しい論争を繰り返した。
 ヘッケルは精力的に数多くの論文・著作を発表したが、『自然の芸術的な形』(邦訳『生物の驚異的な形』、河出書房新社、2009年)は生物の造形美を見せる一種の画集といってよいものだ。
 1899年から10枚の絵が1セットになった小冊子(ばらのシートを厚紙の表紙で挟んだもの)の形で刊行が始まり、1904年に完結するまだに計10回、合計100枚の絵とその解説が出版された。完結後は製本された書籍の形でも出版された。
 「自然の」といっても、そこで紹介されているのはカラフルな蝶や熱帯の鳥などよりも、多くが放散虫や有孔虫などの微小な原生生物やクラゲ、ホヤなどの無脊椎生物、藻類などだ。
 ヘッケルが着目した美は、生物の体の構造的な美しさであり、放散虫の絵なども生体ではなく、その骨格を見せるものだった。
 ヘッケルは今日では生物学の教科書や博物館で普通に目にする生物の進化を示す「系統樹」の考案者であり、読者に原始的な生物も人間もひとつの「起源」から発生したものであるという考えを視覚的に理解させようと務めた。
 また、「個体発生は系統発生を繰り返す」という考えのもと、人の受精卵が細胞分裂を繰り返し、尻尾のある魚のような形になり、だんだんと複雑な人間の姿になていくのは、単細胞動物からより複雑な形状の生物へと進化し、魚類から陸上生物へと至る、生物の形の変遷の様子を反復していると考えた。(以下、略)

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

山田 英春編
1962年東京生まれ。国際基督教大学卒業。出版社勤務を経て、現在書籍の装丁を専門にするデザイナー。日本有数の瑪瑙コレクターとしても知られる。著書に『不思議で美しい石の図鑑』『インサイド・ザ・ストーン』(創元社)、『巨石―イギリス・アイルランドの古代を歩く』(早川書房)、『石の卵―たくさんのふしぎ傑作選』(福音館書店)などがある。

関連書籍

ページ:1 / 2

rev rev

トップへ戻る

関連グッズ

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.