創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 臨床心理・カウンセリング・心理療法 > 「ひきこもり」考

こころの未来選書

「ひきこもり」考

河合 俊雄 編 / 内田 由紀子 編

刊行年月日:2013/03/08
ISBN:978-4-422-11225-1
定価:2,860円(税込)
判型:A5判
造本:上製
頁数:184頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

現代の日本社会では、何十万人もの若者が社会との関係を断ち、自宅に閉じこもっているという。こうした「ひきこもり」は、一つの行動として表現される現象でありながら、その背景と心のありようは複雑で多層的である。本書は、社会・文化を考慮に入れたマクロ的な視点をもつ社会心理学と、個人の生育歴や家族などのミクロ的な視点をもつ臨床心理学の二つの異なる面から、「ひきこもり」について多角的に考察したユニークな論考集である。

はじめに………内田由紀子

第1章 ひきこもり――現代日本社会の“行きづまり”を読み解く………マイケル・ジーレンジガー/翻訳 内田由紀子 

第2章 自己矛盾のメンタリティー――ひきこもりの文化心理学………北山忍

第3章 ひきこもりと日本社会のこころ………内田由紀子

コラム 「ニート・ひきこもり」についての社会心理学的考察―― 原因と対処方略について………ビナイ・ノラサクンキット/翻訳 内田由紀子

第4章 「ひきこもり」と学習………境泉洋

第5章 日本における若者の病理の変化――ひきこもりと行動化………河合俊雄 

第6章 臨床現場から見る「ひきこもり」……… 岩宮恵子 

第7章 ひきこもり考――三氏(ジーレンジガー・北山・河合)の議論へのコメント………嘉志摩佳久 

おわりに――こころの自己矛盾とつなぐもの………河合俊雄

註および文献

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]河合 俊雄(カワイ トシオ)
京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中退。Ph.D.(チューリッヒ大学)、ユング派分析家。臨床心理士。現在、京都大学こころの未来研究センター教授。専攻は臨床心理学。著書に『村上春樹の「物語」――夢テキストとして読み解く』『心理臨床の理論』『ユング』『ユング派心理療法』(編著)『発達障害への心理療法的アプローチ』(編著)『思想家 河合隼雄』(編著)など。

[編]内田 由紀子(ウチダ ユキコ)
2003年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間環境学)。現在、京都大学こころの未来研究センター准教授。著書に『農をつなぐ仕事――普及指導員とコミュニティへの社会心理学的アプローチ』(共著)、論文に「文化的幸福観――文化心理学的知見と将来への展望」(共著、心理学評論、55、pp.26~42、2012)、“Psychological consequences of postindustrial anomie on self and motivation among Japanese youth”(共著 Journal of Social Issues, 67, pp.774-786, 2011)など。

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.