創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 教育・福祉 > 福祉 > 高齢者こころのケアの実践 下巻

高齢者こころのケアの実践 下巻

認知症ケアのためのリハビリテーション

小海 宏之 編 / 若松 直樹 編 / 相星 さゆり 著 / 稲益 由紀子 著 / 岡村 香織 著 / 岡本 祐子 著 / 加藤 真弓 著 / 川端 康雄 著 / 鈴木 亮子 著 / 中野 明子 著 / 梨谷 竜也 著 / 二宮 ひとみ 著 / 深瀬 裕子 著 / 山田 由佳 著 / 若林 暁子 著 / 渡辺 真澄 著

刊行年月日:2012/09/07
ISBN:978-4-422-11548-1
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:152頁

日常の延長での “リハビリテーション”

わが国の高齢化の将来推計によると、2020年には「四人に一人が65歳以上の高齢者」という超高齢化社会を迎える。それに伴って、認知症を中心としたメンタルな病いの増加が大きな社会問題となりつつある。そこで本書では、今後ますますになう役割が大きくなる心理職・福祉職を初めとした全ての「こころのケア」に関わる専門職のニーズに応えて、《効果的な心理・社会的アプローチ》を紹介する。個々に応じたリハビリのツボ。

まえがき

第1部 認知症の認知機能への働きかけ
 序章 認知機能のリハビリテーションとは?
 第1章 現実見当識訓練について
 第2章 医療領域での現実見当識訓練の場合
 第3章 福祉領域での現実見当識訓練の場合

第2部 認知症の情動への働きかけ
 序章 情動機能のリハビリテーションとは?
 第1章 回想法について
 第2章 個人回想法の実践
 第3章 医療領域での集団回想法の実践
 第4章 福祉領域での集団回想法の実践
 第5章 ダイバージョナル療法の実践
 第6章 コラージュ療法の実践

第3部 高齢期のさまざまな疾患への働きかけ
 第1章 アルコール依存症への働きかけ
 第2章 脳血管障害への働きかけ
 第3章 糖尿病者への働きかけ
 第4章 統合失調症への働きかけ
 第5章 がん患者への働きかけ

あとがき

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

小海 宏之編
1962年生まれ。関西大学大学院社会学研究科博士課程前期課程修了。現在、花園大学社会福祉学部臨床心理学科教授。同大学心理カウンセリングセンター長。臨床心理士。

若松 直樹編
1963年生まれ。桜美林大学大学院老年学研究科修了。現在、新潟リハビリテーション大学医了学部リハビリテーション学科准教授。博士(老年学)。臨床心理士。

相星 さゆり著

稲益 由紀子著

岡村 香織著

岡本 祐子著

加藤 真弓著

川端 康雄著

鈴木 亮子著

中野 明子著

梨谷 竜也著

二宮 ひとみ著

深瀬 裕子著

山田 由佳著

若林 暁子著

渡辺 真澄著

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.