創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 社会・ノンフィクション > より良く生き延びるための14章

より良く生き延びるための14章

社会学の知恵も使ってみよう

山口 美和 著

刊行年月日:2012/09/07
ISBN:978-4-422-93048-0
判型:四六判 188mm × 128mm
造本:並製
頁数:216頁

複雑な社会の中で生きるのはどういうことかを教えてくれるのが社会学。多くの人が当たり前と考えていることは、実は当たり前ではなく、この世界には、実に多くのものの見方がある。こうしたことを学ぶと、自分と周囲の関わりもきっと変わってくるだろう。本書は、大学の一般教養で社会学を初めて学ぶ学生のために、自他共に幸せに生きていくための基礎訓練を目的に書かれた。

目  次

はじめに

第1章 社会の中の人間
1.社会学とは
2.自分とは
3.「みんなの言うこと」は当てにならない
4.「当たり前」は本当か
まとめ
おすすめの本

第2章 ライフステージを考える その1
1.「おむつはずし」は必要ない!
2.やるべきときに、やるべきことを
まとめ
おすすめの本

第3章 ライフステージを考える その2
1.小学生は
2.青年期
まとめ
おすすめの本

第4章 ことばが世界を作る
1.世界の違いは○○の違い
2.人間は世界を作り替えてきた
3.ことばの役割
まとめ
おすすめの本

第5章 人間らしさとは
1.多すぎる欲望
2.少なすぎる欲望
3.文化とは
まとめ
第6章 デュルケムの『自殺論』その1
1.社会学の祖
2.デュルケムのすごさ
3.デュルケムの見つけたこと
まとめ
おすすめの本

第7章 デュルケムの『自殺論』その2
1.自殺の分類
2.自己本位の自殺と集団本位の自殺
3.アノミーの自殺と宿命主義の自殺
4.デュルケムの分析
まとめ
おすすめの本

第8章 宗教と資本主義
1.ウェーバーの
『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
2.プロテスタントとカトリックの違い
3.禁欲が資本主義を生み出した
4.知っておいて欲しいこと
まとめ
おすすめの本

第9章 フロムの『自由からの逃走』その1
1.なぜ戦争が起こるのか
2.フロムの『自由からの逃走』
3.『自由からの逃走』を理解するために
4.自由を捨てた人達
まとめ
おすすめの本

第10章 フロムの『自由からの逃走』その2
1.第1次世界大戦後のドイツとナチス
2.再び『自由からの逃走』
3.『自由からの逃走』に学ぶこと
まとめ
おすすめの本

第11章 潜在的機能(かくれたはたらき)を考える
1.何を犯罪と考えるか
2.いじめについて考える
3.潜在的機能(かくれたはたらき)について
まとめ
おすすめの本

第12章 マートンのアイディアから
1.アメリカの禁酒法
2.予言の自己実現
3.自殺的予言
4.「予言の自己実現」のアイロニー
まとめ
おすすめの本

第13章 家族を考える
1.「子どもは殺さなければいい」その深い意味
2.子どもが心を病むこと
3.それでも家族は面白い!
まとめ
おすすめの本

第14章 結び
1.「自信と安心」の大切さ
2.「常識」を疑ってみること
3.学ぶことの責任
まとめ
おすすめの本

終わりに

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

山口 美和著
山口(月田)美和。
1964年大阪市生まれ。
1988年大阪大学人間科学部卒業(社会学専修)。
1996年大阪大学大学院言語文化研究科修了。
大阪大学博士(言語文化学)。
関西女子短期大学を経て、
現在、関西福祉科学大学勤務。著書『日本企業における「和」の機能』(大阪大学出版会)

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.