創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文化・民俗・ガイド > なつかしき未来「大阪万博」

なつかしき未来「大阪万博」

人類は進歩したのか調和したのか

大阪大学21世紀懐徳堂 編

刊行年月日:2012/04/06
ISBN:978-4-422-23031-3
判型:A5判
造本:並製
頁数:168頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

日本中を沸騰させた「大阪万博」は、私たちにとって何だったのか? 当時の関係者へのロングインタビュー映像(上田篤・小松左京・今井祝雄各氏)で初めて明かされるエピソード・裏話をはじめ、各界の専門家・愛好家が万博への熱い思いや鋭い批評を展開。書き下ろしコラム、貴重図版、記録写真も収載。小松左京氏最後のインタビューも収めた映像DVD(約50分)、万博会場の地図・年表の折り込み付録つき。

◆第1部 「大阪万博」40年後の証言――実話秘話インタビュー
 はじめに
●会場計画を決めた「深夜の会談」 上田 篤
 万博のテーマとメンバー
 「深夜の会談」
 亀山八幡宮の石の桟敷
 「お祭り広場」が出来上がるまで
 テーマは「お祭り」
 閉幕翌日に線路撤去
 大阪の「文化元年」
●大阪は野蛮な力を失った 小松左京
 「博覧会とは何や?」
 SFに進んだ理由
 万博は文理融合
 万博で得たもの、失ったもの
 大阪に野蛮な力がなくなった
●大阪万博とアート 今井祝雄
 具体美術と万博
 モントリオールでの思い出
 万博が作品の節目と重なった
 大阪で開かれてよかった
 「万博」以後に失ったもの、得たもの
 万博を記憶にとどめる
 太陽の塔の評判
 実物と対面する
◆第2部 「大阪万博」徹底検証――大阪大学21世紀懐徳堂シンポジウム
●パネリスト紹介
 総長あいさつ
 見られなかった飢餓体験
 梅田スカイビルに生きる万博
 未来の世界に行けない?
 万博廃墟派
 バッチ集め競争
 衛生博覧会
 万博東口派
 コレクション型からコネクション型へ
●万博は日本文化の節目
 呪術的なものが残った
 上海と大阪
 廃墟になれなかった大阪
 万博後の大阪文化は未熟
 大阪万博はアートの万博
 「住んでいるだけの街」から「地域社会」へ
 基準になった大阪万博
 万博廃墟「ロッジ171」
 戦争と万博
 大阪の「野蛮な力」
●大阪に足りないのは「仕事」
 自慢できる万博の食
 「夢の池」とイサム・ノグチの噴水
 残念な地下鉄撤去
 万博研究という課題
 前衛的だった大阪
 自発的な人間
 「調和」という思想
 五十周年に向けて
 時間をつなぐ

◆コラム
 “20世紀少年”は私かも
 タイムカプセル
 全パビリオン制覇
 映像と音響の実験場
 “カッコイイ”パンフレット
 ハンパク
 最先端技術
 異国文化初体験
 第五回内国勧業博覧会の幻影

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]大阪大学21世紀懐徳堂(オオサカダイガクニジュウイッセイキカイトクドウ)

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.