創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文化・民俗・ガイド > 日本の聖地文化

日本の聖地文化

寒川神社と相模国の古社

鎌田 東二 編

刊行年月日:2012/04/02
ISBN:978-4-422-23030-6
判型:四六判
造本:上製
頁数:282頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

古代人はどんな場所を聖地にしたのか。神社はなぜ“そこ”に建てられたのか。相模国の寒川神社を中心に、宗教学、地理学、民俗学、考古学、生態学、宇宙人文学など、人文科学と自然科学の知見を総合して日本の聖地文化の特性を解明する。とりわけ地球観測衛星の観測データを軸に過去の海岸線の復元を試みる宇宙人文学や、遺された花粉から当時の地質を割り出す花粉分析など最先端の研究は聖地研究に新風をもたらすだろう。

序章 パワースポット・ブームと聖地文化 鎌田東二
第一章 日本列島の地質と神奈川平野の生い立ち 原田憲一
第二章 花粉分析から見た寒川神社周辺の植生変遷と人間活動による影響 五反田克也
第三章 相模湾の海水準と宇宙人文学 中野不二男
第四章 相模国の生態系と古代遺跡 湯本貴和 
第五章 相模国と寒川神社周辺の地形環境と景観 河角龍典
第六章 縄文世界から神社まで 小林達雄
第七章 寒川神社と相模国の古社の歴史と民俗 鎌田東二
終章 関東の聖地文化と生態智の探究 鎌田東二

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]鎌田 東二(カマタ トウジ)

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.