創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 社会・ノンフィクション > 災害が学校を襲うとき

book

災害が学校を襲うとき

ある室戸台風の記録

上村 武男 著

刊行年月日:2011/09/21
ISBN:978-4-422-93218-7
判型:四六判 188mm × 128mm
造本:上製
頁数:162頁

昭和9年9月21日、室戸台風襲来。未曾有の大災害の全体像を記録した文献は未だに存在しない。著者は〈学校災害〉という情景に焦点を当て、その実況を把握しようとする。20数年にわたって当時の気象情報、災害記録、報道資料はもとより、さまざまな著名人の日記や手紙や著作、被災した児童生徒の作文と学校教師が遺した証言、そして当時の人々の記憶の言葉に至るまでを渉猟し、室戸台風という悲劇のドキュメントを綴る。

序 章  昭和九年九月二一日
第一章  児童の作文(綴り方)から――堺・三寶尋常小学校
第二章  児童の作文(綴り方)から――大阪・豊津尋常高等小学校
第三章  その前日
第四章  四国・室戸岬測候所
第五章  室戸水難
第六章  雨また雨――中国地方豪雨
第七章  災害が学校を襲うとき――尼崎尋常高等小学校
第八章  校舎倒壊――それぞれの現場
第九章  殉職美談は偽作された
第十章  その日の雨、風、高潮――大阪の場合
第十一章 測候所技手の手記
第十二章 高潮遭難――三寶尋常小学校
第十三章 ある殉職女教師のこと――茨木高等女学校
第十四章 あらしのあと
第十五章 風をつかむ――記録と省察のあいだ
終章にかえて

参考資料
あとがき

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

上村 武男著
上村武男:作家。尼崎市 水堂須佐男神社 神職。

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.