創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 臨床心理・カウンセリング・心理療法 > グループ臨床家を育てる

book

グループ臨床家を育てる

ファシリテーションを学ぶシステム・活かすプロセス

野島 一彦 監修 / 髙橋 紀子 編 / 安部 恒久 著 / 内田 和夫 著 / 金子 周平 著 / 金子 光代 著 / 坂中 正義 著 / 高松 里 著 / 中田 行重 著 / 野島 一彦 著 / 三國 牧子 著 / 本山 智敬 著 / 山口 祐子 著

刊行年月日:2011/09/06
ISBN:978-4-422-11515-3
定価:2,530円(税込)
判型:A5判
造本:並製
頁数:152頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

これからは「個と集団のバランス」の時代

個人臨床だけでなくグループ臨床の意義が注目される中、グループでおこっていることを理解し促進するファシリテーターとしての専門性は、教育・医療・福祉とあらゆる領域で求められている。グループを見立て、手立てを考える力を育む、ファシリテーター養成システムの具体的方法を、養成する側される側両方の視点から紹介する。

序章 心理臨床家をどう育てるか
第1章 グループ臨床家になるということ
第2章 ファシリテーションを学ぶシステム
第3章 グループ臨床を学ぶプロセス
第4章 学びのプロセス、そして学びを活かすプロセスの多様性
第5章 その人の生き方につながるものとしてのグループ臨床

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[監修]野島 一彦(ノジマ カズヒコ)
1947年、熊本県生まれ。1977年、九州大学教育学部卒業。1998年、博士(教育心理学)九州大学。 九州大学大学院人間環境学研究院教授を経て、現在、跡見学園女子大学文学部教授、九州大学名誉教授。臨床心理士。

[編]髙橋 紀子(タカハシ ノリコ)
1977年、鹿児島県生まれ。2005年、九州大学大学院人間環境学府博士後期課程単位取得後退学。現在、甲子園大学心理学部講師、臨床心理士。

[著]安部 恒久(アベ ツネヒサ)

[著]内田 和夫(ウチダ カズオ)

[著]金子 周平(カネコ シュウヘイ)

[著]金子 光代(カネコ ミツヨ)

[著]坂中 正義(サカナカ マサヨシ)

[著]高松 里(タカマツ サトシ)

[著]中田 行重(ナカタ ユキシゲ)

[著]野島 一彦(ノジマ カズヒコ)

[著]三國 牧子(ミクニ マキコ)

[著]本山 智敬(モトヤマ トモノリ)

[著]山口 祐子(ヤマグチ ユウコ)

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.