創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 芸術・趣味 > 芸術・美術 > 写真の読み方

book

写真の読み方

初期から現代までの世界の大写真家67人

イアン・ジェフリー 著 / 伊藤 俊治 監修 / 内藤 憲吾 訳

刊行年月日:2011/12/22
ISBN:978-4-422-70028-1
判型:B5判変型
造本:上製
頁数:384頁

写真の重層的な意味を読み解く

アンリ・カルティエ=ブレッソン、ロバート・キャパ、ウォーカー・エヴァンスをはじめ、東松照明、中平卓馬、森山大道など、写真の黎明期から現代まで、日本を含む世界の代表的な写真家67人と、第1次世界大戦と第2次世界大戦の兵士たちが撮った未公開の写真を多数収録。一枚の写真の中には、複雑に絡まり合って重層化した意味や価値を発見することができる。写真史の第一人者による斬新でホットな写真論。

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]イアン・ジェフリー(ジェフリー,イアン)
1981年に『写真の歴史』(テムズ・アンド・ハドソン、邦訳:岩波書店、伊藤俊治・石井康史訳)、1997年に写真を精査する『写真の本』(ファイドン)、1998年にテーマ研究のシリーズ「タイム・フレームス」(アンフォト)を出版。1999年英国の国立写真映画テレビ美術館のために「リヴィジョンズ」と題した「写真のもうひとつの歴史」を執筆。2000年マーティン・ケンプ編集の「オクスフォード西洋美術史」で写真を起源から概説。また1970年代と80年代にはアラン・ロスの「ロンドン・マガジン」で美術批評を発表。主にロンドン大学ゴールド・スミス・カレッジとプラハの中央ヨーロッパ大学で教えて
いる。

[監修]伊藤 俊治(イトウ トシハル)
1953年生まれ、東京芸術大学先端芸術表現科教授、美術史家・美術評論家、美
術や建築デザインから写真映像やメディアまで幅広い領域を横断する評論や研究プロジェクトをおこなう。『20世紀写真史』『写真史』『写真と絵画のアルケオロジー』な
どの著作、イアン・ジェフリー『写真の歴史』などの訳書多数、『記憶/記録の漂流
者たち』(東京都写真美術館)『日本の知覚』(クンストハウス・グラーツ、オーストリ
ア)など内外で多くの展覧会を企画し、文化施設や都市計画のプロデュースもおこなう。『ジオラマ論』でサントリー学芸賞受賞。

[訳]内藤 憲吾(ナイトウ ケンゴ)
フリーの編集者・翻訳家・著述家。『西洋名画の読み方1』『同2』『同3』などの翻訳
や『通勤ウォーキングで行こう!』などの著書がある。

banar

関連書籍

ページ:1 / 2

rev rev

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.