創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 臨床心理・カウンセリング・心理療法 > スクールカウンセラーの第一歩

スクールカウンセラーの第一歩

学校現場への入り方から面接実施までの手引き

内田 利広 著 / 内田 純子 著

刊行年月日:2011/08/05
ISBN:978-4-422-11511-5
定価:1,980円(税込)
判型:四六判
造本:並製
頁数:242頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

村山正治先生推薦! 待望の入門書が登場

スクールカウンセラー(SC)として活動を始めたばかりの初任者、またはSCを目指す大学生・院生に向けて、学校現場への入り方、教職員や保護者との関係の持ち方、生徒や保護者との面接の仕方までを網羅したSCのための「実用書」。派遣先が決まってから学校へ入り、面接・周囲との連携を行うまでの一連の流れの中で、必要となる実践的知識や心構えなどを手取り足取り解説する。巻末に「よくある質問集」「用語解説」付き。

第1章 学校に行くまでにやっておくこと
1 スクールカウンセラーになるまで
2 スクールカウンセラーになるための具体的な手続き
3 活動を始める前にやっておくこと

第2章 初めて学校に行く
1 最初にあいさつする人たち
2 職員室を知る
3 学校内を歩いてみる

第3章 面接をスタートするまで
1 面接の枠組みについて
2 面接の予定表・記録の作成
3 面接室の使用について

第4章 カウンセリングの実施と校内連携について
1 学校という組織の中でのカウンセリング
2 クライエントとの関係性の構築
3 コーディネーターとの連携の実際
4 守秘義務とほどよい連携

第5章 学校という組織になじむ
1 スクールカウンセラーの学校内での居場所
2 居心地の悪さを感じる場合の工夫
3 社会人としてのスクールカウンセラーの心得
4 対人関係の専門家としてのスクールカウンセラーの振る舞い

第6章 スクールカウンセラーの限界と他機関との連携
1 子どもの抱える問題の限界
2 スクールカウンセラーのシステムにおける限界
3 時間の限界
4 他機関との連携について

第7章 小学校におけるスクールカウンセラーの第一歩
1 小学校における保護者・子どもへの関わり
2 小学校における担任との連携
3 実践事例からみた小学校のスクールカウンセラーの動き
4 小学校のスクールカウンセラーとして求められるもの

第8章 スクールカウンセラーを継続していくために
1 教師との距離感
2 パイオニアとしての意識
3 スクールカウンセラーとしての資質


初心スクールカウンセラーのよくある質問
用語解説「スクールカウンセラー活用の具体的方法」
参考文献

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]内田 利広(ウチダ トシヒロ)
内田利広(うちだ としひろ)
1993年、九州大学大学院博士課程後期課程単位取得後退学。臨床心理士。京都教育大学准教授。専門は教育臨床心理学。著書に『学校カウンセリング入門』『学校カウンセリングの理論と実践』『不登校・引きこもりと居場所』(いずれも共著、ミネルヴァ書房)

[著]内田 純子(ウチダ ジュンコ)
内田純子(うちだ じゅんこ)
1991年、福岡教育大学大学院修士課程学校教育専攻修了。臨床心理士。医療法人新門司病院勤務を経て、1999年より京都市でスクールカウンセラーとして活動。2004年より龍谷大学大学院文学研究科臨床心理相談室カウンセラー(非常勤)を兼務。

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.