創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 宗教・思想 > キリスト教 > 修道院の断食

修道院ライブラリー

修道院の断食

あなたの人生を豊かにする神秘の7日間

ペーター・ゼーヴァルト 編 / ベルンハルト・ミュラー 著 / 島田 道子 訳

刊行年月日:2011/01/11
ISBN:978-4-422-14389-7
判型:四六判
造本:並製
頁数:232頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

イエスの教えの根幹には断食という秘儀が存在する

修道院ライブラリー全4部作の第3巻。なぜ世界中の文化や宗教のなかに、断食という行為が存在し受けつがれてきたのか。なぜ世界三大宗教の祖であるキリスト、ブッダ、マホメットが伝道を開始する前、長期の断食を行なったと伝えられているのか。42歳の雑誌編集長ベルンハルト・ミュラーは魅力的な修道士たちの指導のもと、ドイツの修道院で7日間の断食修行に挑戦する。そして健康で価値ある人生を送るための秘訣を学んでいく。

●はじめに
1 修道院へようこそ
2 修道院の断食・小史
3 断食前の正しい準備
4 断食一日目――毒素を洗い流し、健康な体を作る
5 断食二日目――あたえ、断念する。そのことで翼が生えたように軽くなる
6 断食三日目――さまざまな誘惑と、断食がうまくいかない原因
7 断食四日目――自己発見:「罪」を自覚し、「罪」から清められる
8 断食五日目――ついにオアシスにたどりつく
9 断食六日目――目や耳、口、手を使ったさまざまな「断食」
10 断食七日目――最後には望みどおりの自分になれることを悟る
●エピローグ――最後に限りない神と人生への賛美を

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]ペーター・ゼーヴァルト(ゼーヴァルト,ペーター)
ペーター・ゼーヴァルト
1954年生まれ 「シュピーゲル」、「シュテルン」、「南ドイツ新聞」の雑誌で編集者かつ筆者。ヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿とのその対談本「地の塩」そして「神と世界」は16カ国語に訳された。最近出版された著書は「グリュース・ゴット(こんにちは)再び神のことを考え始めた時」。「修道僧文庫」編纂者。ミュンヒェン在住。

[著]ベルンハルト・ミュラー(ミュラー,ベルンハルト)
ベルンハルト・ミュラー
1961年生まれ。多くの映画およびテレビ制作会社に勤務。1987年より政治と宗教の雑誌「PUR」の編集長。アルゴイのキスレックに在住。

[訳]島田 道子(シマダ ミチコ)

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.