創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文化・民俗・ガイド > 近代大阪の出版

book

近代大阪の出版

吉川 登 編

刊行年月日:2010/02/08
ISBN:978-4-422-20152-8
判型:四六判
造本:上製
頁数:304頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

江戸期大坂の版元のあり方。明治期大阪の出版と新聞。青木嵩山堂・金尾文淵堂の活躍から終焉まで。痛快講談本で一世を風靡した立川文庫。大正期大阪の出版文化展。雑誌『苦楽』で講談社と張り合ったプラトン社。文芸書から教養書まで幅広い創元社の出版。宮武外骨の「滑稽新聞」から「大阪パック」に至る大阪の漫画出版史。新進学者に旭堂南陵・大谷晃一らも加わった執筆陣が描く近代大阪出版小史。

第一章 江戸時代の大坂出版界――出版メディアを支えた大坂本屋仲間(羽生紀子)
第二章 明治期大阪の出版と新聞(平野 翠)
第三章 青木嵩山堂の出版活動(青木育志)
第四章 大阪出版文化と金尾文淵堂(石田あゆう)
第五章 明治末~大正期大阪講談本の世界――立川文庫を中心に(旭堂南陵)
第六章 大正期大阪の「出版文化展」(吉川 登)
第七章 プラトン社の興亡(小野高裕)
第八章 創元社の出版活動(大谷晃一)
第九章 近代大阪における漫画出版――風刺雑誌・漫画雑誌が伝えるもの(増田のぞみ)

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]吉川 登(ヨシカワ ノボル)

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.