創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 精神分析・分析心理学・深層心理 > 精神分析臨床を生きる

精神分析臨床を生きる

対人関係学派からみた価値の問題

サンドラ・ビューチュラー 著 / 川畑 直人 監訳 / 鈴木 健一 監訳 / 椙山 彩子 訳 / ガヴィニオ 重利子 訳

刊行年月日:2009/05/22
ISBN:978-4-422-11421-7
判型:A5判
造本:上製
頁数:264頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

精神分析関係の著作の多くは、臨床実践を扱うものでも抽象的・理論的なものが多いが、本書は、治療者と患者の「感情」の問題に焦点を当て、そこにうごめくパーソナルな資源をどのように患者の援助に用いていくかを考察する。わが国では個人の価値観や考え、感情を控え、極力「無」になるべきであるとする姿勢が強調されることが多いだけに、本書の主張は、日本の心理臨床に欠けている側面を明らかにするとともに、大きな示唆を与えてくれる。

日本語版の出版にあたって
まえがきと謝辞

序 章 臨床的論考に向けて
第1章 好奇心
第2章 希望
第3章 親切
第4章 勇気
第5章 目的感覚
第6章 感情のバランス
第7章 喪失に耐える力
第8章 統合性
第9章 理論を生かす

あとがき
文 献
索 引

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]サンドラ・ビューチュラー(ビューチュラー,サンドラ)
サンドラ・ビューチュラー(Sandra Buechler, Ph. D.)
ウィリアム・アランソン・ホワイト研究所訓練分析家、精神分析スーパーヴァイザー、コロンビア長老教会医療センタースーパーヴァイザー、現代心理療法研究所スーパーヴァイザー、Contemporary Psychoanalysis誌編集委員、希望、孤独、喜び、喪失といった精神分析における感情をテーマに、さまざまな論文を書いてきた。

[監訳]川畑 直人(カワバタ ナオト)
川畑直人(かわばた なおと)
1987年、京都大学大学院博士後期課程中退。
現在、京都文教大学教授。教育学博士。W.A.ホワイト研究所精神分析家。同児童青年心理療法家。
著書、『心理臨床家アイデンティティの育成』(編著、創元社)、『傷つけ傷つく青少年の心』(共著、北大路書房)ほか。訳書、パイン『欲動、自我、対象、自己』(監訳、創元社)、パイン『臨床過程と発達』(共訳、岩崎学術出版社)。

[監訳]鈴木 健一(スズキ ケンイチ)
鈴木健一(すずき けんいち)
1996年、広島大学大学院博士課程単位取得退学。
現在、金沢大学保健管理センター准教授。博士(心理学)。臨床心理士。W.A.ホワイト研究所精神分析家。
著書『新版心理臨床家の手引き』(分担執筆・誠信書房)

[訳]椙山 彩子(スギヤマ アヤコ)
椙山彩子(すぎやま・あやこ)
2004年 、国際基督教大学大学院教育学研究科博士課程後期単位取得退学。ペンシルバニア大学医学部付属サイコセラピー研究センター研修員。臨床心理士。
現在、スクールカウンセリング、およびKIPP桃山心理オフィスで精神分析的心理療法の実践に従事。

[訳]ガヴィニオ 重利子(ガヴィニオ エリコ)
ガヴィニオ重利子(ガヴィニオ・えりこ)
2003年ウェブスター大学大学院カウンセリング修士課程修了。臨床心理士。
現在、京都市スクールカウンセラー。京都文教大学臨床心理学部非常勤講師。

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.