創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 心理学一般 > プロカウンセラーのコミュニケーション術

book

プロカウンセラーのコミュニケーション術

東山 紘久 著

刊行年月日:2005/03/18
ISBN:978-4-422-11334-0
判型:四六判 188mm × 128mm
造本:並製
頁数:224頁

ベストセラー『聞く技術』がさらに深化!

コミュニケーションをよくするためには、まず相手の話をじっくり聞くことが大切。プロカウンセラーである著者が、そうした「聞くこと」の極意を語った前著は、40万部を超えるベストセラーになった。本書は、そこからさらに発展して、プロカウンセラーが、相手の話を聞くときに、どのような点に注意して話を聞いたり発言したりしているのか、相手のしぐさや言葉、表現のし方や態度、話の内容など、コミュニケーションを円滑に進めるうえで注意すべき観察の極意を語る。

はじめに                    
                      
1.屁理屈の陰に本心あり        
2.否定の気持ちには肯定がある          
3.こころは柔らかく柔らかく          
4.「が」をはらず「でも」はコントロールして     
5.「われわれ」「みんな」は、「私」の代名詞     
6. 他人への悪口も身の内のこと  
7.理屈と人情──「それで…」の使い方 
8. 集団と個人
9. 夢は生きるエネルギー
10.夢と現実──「~したい」と「~する」の区別
11. 孤独と除け者に悪魔は迫る          
12.依存性は甘い麻薬              
13.楽しいお酒は依存症にならない       
14.ロマンの素は子ども的心       
15.わからないことは、意味を元から考える       
16.気になる他人の欠点は、自分の潜在的欠点   
17.儲け話は人にはしないもの 
18.「男心は男でなけりゃ」「女心は女でなけりゃ」  
19.似た者同士はわかりやすく、異なるもの同士は魅力がある
20.肉体関係をもたなければ、男女でも一生の友達
21.秘密を守るための煙突             
22.自他の区別は安らぎを与える           
23.知ることは理解のはじまり             
24.終着駅は始発駅                 
25.宗教者は人間である              
26.内なる声と外からの声             
27. 身体表現と感情表現――身体に聞いてみよう
28.些細なことの重要性                
29.本音と建前──京文化の知恵         
30.純粋と汚れ、正義の邪悪            
あとがき                     

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

東山 紘久著

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 最近出た本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.