創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文化・民俗・ガイド > 古市古墳群をあるく

古市古墳群をあるく

巨大古墳・全案内

久世 仁士 著

刊行年月日:2015/12/21
ISBN:978-4-422-20157-3
判型:A5判変型
造本:並製
頁数:208頁

専門家のガイダンスによって古墳めぐりをもっと深く愉しむ最良の案内書。地図、写真も完備。

世界遺産登録を目指す古市(ふるいち)古墳群は、全国屈指の巨大古墳密集地として知られる。国内第2位の規模を誇る誉田山古墳(応神天皇陵古墳)をはじめ、前方後円墳、方墳、円墳などさまざまな形で集積する河内の古墳群はどう成立してきたのか――。その歴史的変遷から現状までを、最新の考古学的知見とともに探訪し、多数の図版・写真を交え、現存するすべての古墳へ案内する。好評『百舌鳥古墳群をあるく』に続く第2弾。

はじめに

◆序章 古市古墳群がつくられるまで
1 古市古墳群とは
2 大和から河内へ
◆第1章 古市古墳群をあるく
1 国府台地の主要古墳をめぐる
2 誉田山古墳とその周辺
3 墓山古墳から岡ミサンザイ古墳へ
4 高屋築山古墳から野中ボケ山古墳へ
5 津堂城山古墳から黒姫山古墳へ
◆第2章 南河内の前期古墳
1 石川流域の前期古墳
2 玉手山古墳群
3 松岳山古墳群
4 玉手山古墳群・松岳山古墳群と大和王権
◆第3章 河内平野の開発と渡来人
1 古市古墳群周辺の遺跡
2 河内湖沿岸の遺跡
3 倭国の中心は河内平野
◆第4章 巨大古墳と陪塚
1 古市古墳群の陪塚
2 百舌鳥古墳群の陪塚
3 陪塚の成り立ちと変遷
4 陪塚は従者の墓か
◆第5章 陵墓公開運動と古市古墳群
1 陵墓古墳
2 陵墓限定公開がはじまる
3 陵墓古墳への立ち入りを要望
4 陵墓古墳の呼称をめぐって
5 残された課題
◆終章 河内飛鳥を守った人々
1 二つの飛鳥
2 河内飛鳥は遺跡の宝庫
3 葉室一須賀古墳群
4 巨大開発に揺れる王陵の谷
5 立ち上がった住民と研究者
6 ゴルフ場建設が浮上、住民訴訟へ
7 山田高塚古墳にて

あとがき
参考文献
図版出典一覧
索引

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]久世 仁士(クゼ ヒトシ)
1947年大阪府泉南市生まれ。法政大学文学部史学科卒業。泉大津市教育委員会参事・文化財係長を歴任後、現在、文化財保存全国協議会常任委員、摂河泉地域資源研究所理事、日本考古学協会会員。著書『百舌鳥古墳群をあるく』『古市古墳群をあるく』(創元社)、共著書『河内飛鳥を訪ねてみよう』(松籟社)、『新版遺跡保存の辞典』(平凡社)など。

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.