創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 歴史 > 現代史 > 日本外交

日本外交

現場からの証言

孫崎 享 著

刊行年月日:2015/08/21
ISBN:978-4-422-30066-5
判型:四六判
造本:並製
頁数:296頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

ベストセラー『戦後史の正体』の著者が描く現代日本外交の本質

外交とは「異なる価値観と利益の調整」、そして交渉における勝利の概念はいかに相手から奪うかではなく「いかにして相手の信用を勝ち取るか」につきる。外交の修羅場をくぐり抜けてきた著者自身の豊富な実務経験から、日本外交の背後にあるものを探り、その本質を見極めた斬新な一冊。第2回山本七平賞受賞作品が、新たな装いで復刊。危機と混乱の渦中にある日本再生の戦略とは何か。「自立した日本」への道筋が明らかになる。

PART1
第一章 二〇年ぶりに手にした、私の言論活動デビュー作。当時五〇歳だった現役外交官、孫崎享は何を考えていたか?! 外交について、世界について、過去の自分と対話してみることにした
第二章 冷戦の終結が米国の戦略を変えた。これが日米関係に影響を与えた
第三章 米国の戦略に基づいて進められた日本社会の構造改革
第四章 米国隷従による日本の損失
第五章 日本が米国に従属的になった歴史
第六章 米国が日本に隷属を求める分野
第七章 国際環境の変化による米国一極支配の崩壊。米国追随だけでは日本の国益につながらないことが明確になった
第八章 時代はぐるりと一回りして、元の位置に戻ろうとしている。今こそ、『日本外交 現場からの証言』の考察を、もう一度役に立てていただきたい

PART2
第一章 外交の第一歩は価値観の違いの認識
第二章 親善が外交の中心で良いか
第三章 情報収集・分析
第四章 新しい外交政策の模索
第五章 政策決定過程
第六章 外交交渉

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]孫崎 享(マゴサキ ウケル)
孫崎享(まごさき・うける)/1943年生まれ。1966年、東京大学法学部中退、外務省入省。駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使をへて、2009年まで防衛大学校教授。ツイッター・アカウント(@magosaki_ukeru)は9万人以上のフォロワーを持つ。著書に『日米同盟の正体―迷走する安全保障』 (講談社現代新書)、『日本の国境問題―尖閣・竹島・北方領土』(ちくま新書905)、『不愉快な現実―中国の大国化、米国の戦略転換』 (講談社現代新書)など。





関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.