MENU

images images

発売カレンダー
ランキング
セミナー・イベント
特集一覧
image

TOPすべての商品心理学臨床心理・カウンセリング・心理療法 > 家裁調査官が見た現代の非行と家族

book クリック立ち読み

家裁調査官が見た現代の非行と家族

司法臨床の現場から


廣井 亮一 編

単行本 ¥2,640

刊行年月日:2015/03/20
ISBN:978-4-422-11587-0
定価:2,640円(税込)
判型:四六判
造本:並製
頁数:336頁

↓ネット書店でのご購入はこちら

お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns


内容紹介

気鋭の家裁調査官たちによる渾身の論考

非行や犯罪は、その時代を映し出す鏡と言われる。同様に、離婚やDV、児童虐待などの家族をめぐる問題には、夫婦関係や親子関係の歪みが直截に示される。本書は、家庭裁判所で取り扱われる少年事件・家事事件を体系的に分類した上で、各類型を歴史的変遷や社会的背景を踏まえて緻密に考察、現代の少年と家族の実相を描き出す試み。司法や心理をはじめ、教育、福祉、行政、マスコミなど非行や家族の問題に関わるすべての人々へ。
もっと見る

目次

目次


はじめに

第I部 司法臨床の視点
家庭裁判所と家庭裁判所調査官
司法臨床による少年非行と家族紛争の類型

第II部 現代の非行
非行総論――少年事件に見る現代の非行
第I類型(反社会的問題行動群) 
  暴力非行
  集団非行
第II類型(不特定対象型問題行動群) 
  ネット非行
  万引き非行
第III類型(非社会的問題行動群)
  薬物非行
  女子非行
第IV類型(親密圏型問題行動群) 
  校内非行
  家庭内暴力

第III部 現代の家族
家事総論――家事事件に見る現代の家族
I 夫婦関係
  離婚と子どもの奪い合い
  ドメスティック・バイオレンス
II 親子関係
  児童虐待
  面会交流の争い
III 親族関係
  遺産分割
  高齢者虐待
IV 多問題家族
  複合問題

おわりに

もっと見る

著者紹介

[編]廣井 亮一(ヒロイ リョウイチ)
廣井亮一(ひろい・りょういち)
1981年から1999年まで家庭裁判所調査官。以後、和歌山大学助教授、京都女子大学准教授を経て、現在、立命館大学文学部教授、同大学院文学研究科教授。学術博士(大阪市立大学)、臨床心理士。専門は司法臨床、非行臨床、家族臨床。主要著書として、『司法臨床の方法』(単著、金剛出版、2007年)、『子どもと家族の法と臨床』(共編著、金剛出版、2010年)、『非行臨床の新潮流』(共編著、金剛出版、2011年)、『司法臨床入門(第2版)』(単著、日本評論社、2012年)、『カウンセラーのための法と臨床』(単著、金子書房、2012年)、『加害者臨床』(編著、日本評論社、2012年)などがある。

※著者紹介は書籍刊行時のものです。
もっと見る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く


関連書籍

ページ:1 / 1


イチ推し!


創元社オンラインショップの特長

  • images

    入会特典

    オリジナルブックカバーをプレゼント!(2022年12月31日まで ※数量限定 ※デザインはお選びいただけません。)

  • images

    送料無料

    会員様は一点から送料無料(クレジット決済時)。

  • images

    誕生日クーポン

    会員様の誕生月にバースディクーポンをプレゼント!(入会翌月以降の誕生月にクーポンを発行いたします。)

  • images

    特別販売

    会員様限定!訳アリ本先行販売など、特別販売へご招待!

  • images

    当日出荷

    正午までのご注文で当日出荷
    (土日祝日除く)。

images