創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 自然科学・医学・健康 > 自然科学 > IoT

やさしく知りたい先端科学シリーズ9

IoT

モノのインターネット

高安篤史 著

刊行年月日:2021/10/19
ISBN:978-4-422-40066-2
定価:1,980円(税込)
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:176頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

超スマート社会を先取りするための必須知識

「IoT」とは「Internet of Things(モノのインターネット)」の略で、あらゆるモノの状態をセンサーで取得し、蓄積・分析したデータをインターネット経由で相互に連携・制御する技術をいう。センサーやAIなどのデジタル技術とともに進化するIoT本来の目的やしくみ、IoTによってもたらされる社会や暮らしの変化、スマート社会実現のための課題や問題点への対処など、写真やイラストを使ってやさしく解説するシリーズ第9弾。

〔本書の特色〕
◇IoTの目的と現状
あらゆるモノがインターネットを介してつながり、暮らしや産業を大きく変革する「IoT」の本来の目的について、背景と現状課題とともに初歩から解説。
◇IoTを構成する基本技術
センサーの種類や通信、取得データの蓄積・分析など、IoTシステムの構築・活用に必要な基本技術と相互連携のしくみを、イラストや図版を使って平易に図解。
◇IoTとAIとの関わり
IoTシステムの根幹をなすセンサーやクラウド技術の革新、さらには取得データの分析に大きな役割を果たすAIとIoTとの深い関わりを、具体例豊かに明示。
◇広がるIoTの利用シーン
最も身近な家庭内での生活シーンから、製造、流通、医療・介護などさまざまな業種・場面での活用例まで、広がりつつあるIoTの利用事例を紹介。
◇IoTが目指すべき将来像と課題
近未来社会における産業構造の変化や課題、問題点を理解・共有した上で、IoTが目指すべき将来像を提起。

はじめに
◇Chapter1  IoTの目的と現状
IoTとは何か
IoTシステムの目的と現状
IoTに至る変遷と時代背景
つながる社会における変革
「見える化」からはじまるIoT
データ活用の広がりで変わるビジネス
CPSとデジタルツインの関係
自律化による第4次産業革命の実現
IoTによるDXの推進
デジタルビジネスの出現と産業構造の変化
各国におけるIoTやAIの利活用状況と特徴
IoTに関連するデジタル技術の俯瞰
IoTとAIにより変わった社会のしくみ
◇Chapter2  IoTを構成する基本技術
IoTシステムの全体像と構成要素
IoTに欠かせないセンサーの種類と役割
カメラの役割と活用事例
IoTを支える通信技術の進化
未来の社会を実現する5G
「見える化」する技術
データベース技術の変化
クラウド技術によるIoTの実現
IoTの基盤となるIoTプラットフォーム
VR(仮想現実)とAR(拡張現実)
ドローン技術の活用
RPAによる自動化とシステムの連携
IoTにおけるセキュリティ技術の基本
その他のIoT関連技術
◇Chapter3  IoTとAIとの関わり
IoTとAIの関係と役割
ビッグデータ分析とAI活用の手順
データ分析の前処理の重要性
AIの学習データとテストデータ
さまざまなAIの手法
チューニングが必要なハイパーパラメータ
AI学習結果の評価方法
非構造化データ分析のポイント
時系列データ分析と応用分野
AIによる画像処理技術の進展
AIによる自然言語処理の実態
AIによる音声処理の応用
AIの開発環境の実態
AI利用の注意事項
◇Chapter4 広がるIoTの利用シーン
生活を便利にする家庭内のIoT利用
IoTによる働き方改革
小売業や飲食・サービス業におけるIoT活用事例
IoTによる新しいビジネスとキャッシュレス決済
マーケティングにも活かせるIoT
IoTで変わる金融業界
IoTの活用で劇的に変化する医療・介護の現場
MaaSや自動運転に活かされるIoT
物流や倉庫でも活用されるIoT
スマートシティで実現される未来の街
ICTに無縁だった農業のIoT化
建設・土木業界に広がるIoTの活用
IoTの得意分野「異常検知」
製造業の生産現場でのIoT活用事例
IoTで実現するスマート工場
プラントの将来像と保安技術の革新
未来の工場はどうなる
◇Chapter5  IoTが目指すべき将来像と課題
IoT関連技術の将来像
IoT進展の重要項目「標準化」
IoTとAIを支えるハードウェア技術の展望
IoTによる産業構造の想像を超える変化
IoTシステムの開発方法の変化と課題
オープンイノベーション推進のしくみの変化
データ活用のためのデジタル人材の将来像
IoTで実現するDXの将来像
さくいん
参考文献

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]高安篤史(タカヤスアツシ)
【著者略歴】
高安篤史(たかやす・あつし)
合同会社コンサランス代表、中小企業診断士。早稲田大学理工学部工業経営学科(現・経営システム工学科)卒業後、大手電機メーカーで20年以上にわたり組み込みソフトウェア開発に携わり、プロジェクトマネジャー、開発部長を歴任する。現在は、IoTに関連するコンサルタント、研修講師として活動中。情報処理技術者(プロジェクトマネジャー、応用情報技術者、セキュリティマネジメント)、IoT検定制度委員会メンバー(委員会主査)。著書に『知識ゼロからのIoT入門』(幻冬舎)など。

関連書籍

ページ:1 / 2

rev rev

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.