創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 精神分析・分析心理学・深層心理 > ユング心理学と異界・異人

ユング心理学研究 第12巻

ユング心理学と異界・異人

日本ユング心理学会 編

刊行年月日:2020/04/15
ISBN:978-4-422-11712-6
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:248頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

妖怪とは何か、妖怪を生み出す人間とは何か

本巻のテーマは「異界・異人」。シンポジウムでは、妖怪学の第一人者である小松和彦氏が日本や南島をフィールドとして長年研究を進めてきた様々な妖怪を豊富な伝承や画像資料とともに紹介。ユング心理学者を交えた討論では、それらと「元型」「元型的イメージ」の関わりをめぐって議論を深める。このほか、文学や音楽、マンガ、アニメに表現された「異界・異人」の意味をユング心理学の立場から探究する特別寄稿を掲載する。

目 次


はじめに  桑原知子

シンポジウム
●基調講演「妖怪学からみた『元型』をめぐって」  小松和彦
 妖怪学とは何か
  構造分析への関心/護法と式神/「いざなぎ流」の研究/ミクロネシアの島で/絵に描かれた妖怪たち/日本人の宗教観/『信貴山縁起絵巻』の構造分析/新しい妖怪研究の構築へ/付喪神への注目
 妖怪学からみた「元型」
  元型と元型的イメージ/山姥の事例/三人兄弟の化け物退治の事例/片側人間の事例/ユング心理学との対話への期待
●討論――基調講演を受けて  指定討論者 川戸圓・岩宮恵子
 臨床家からみた「元型」
  分析心理学の視点から/「妖怪」をめぐる観点の違い/「元型」とは何か/「元型的イメージ」と心の変容/関係性とイメージの変化/「片子」について考える
 心理療法と「異界」
  日常の切れ目から見える「異界」/「暗さ」や混沌を求める子どもたち/理解できない出来事を物語に
 神話や物語と元型
  集団表象と個人表象/「現実界」と「想像界」/自分の片側を探して生きる/善と悪
 社会・文化と元型
  ミクロネシアの伝説と昔話/母系社会・妻方居住/対照させることで浮かび上がるもの/人間の普遍性と「元型」遺伝子/「わけのわからないもの」としての元型/変わりゆく現代社会と妖怪・異界の今後

特別寄稿
●怪物イメージの深層心理学試論――『フランケンシュタイン』と『どろろ』にみる宿命としての異界  井上嘉孝
●フレディ・マーキュリー――その辺縁性と祝祭性  山口素子
●「見えない身体」としての妖怪――村上春樹の「羊男」から考える  岩宮恵子
●「異界」は潜伏期に入ったのか?――異世界転生アニメに見えるもの  名取琢自

講演録
●私のユング心理学――女性の視点から  豊田園子

論 文
研究論文
●教育分析の起源としてのユング――「自己分析」から「教育分析」へ  大塚紳一郎
●Carlos Castanedaの著作におけるトナール/ナワール概念――don Juan Matusのシャーマニズムとユング派精神療法の比較  深津尚史
●夢劫のひと 石牟礼道子――最晩年の夢をめぐって  原田文樹

印象記
●国際分析心理学会(IAAP)第21回大会印象記  足立正道
●国際分析心理学会(IAAP)第21回大会印象記  吉川眞理
●日本ユング心理学会第8回大会印象記  長谷川千紘

文献案内
●元型に関するユング心理学の基礎文献  宮野素子
●海外文献  猪股剛

日本ユング心理学会 機関誌投稿規定(2018年9月16日改訂)

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[編]日本ユング心理学会(ニホンユングシンリガッカイ)

関連書籍

ページ:1 / 3

rev rev

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.