創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 歴史 > 世界史 > 地図で読み解く日本統治下の台湾

地図で読み解く日本統治下の台湾

陸 傳傑 著 / 河本 尚枝 訳

刊行年月日:2019/08/19
ISBN:978-4-422-20273-0
判型:B5判 257mm × 182mm
造本:並製
頁数:224頁

地図に刻まれた、大日本帝国の台湾統治とは

第二次世界大戦終結以前の歴史地図は、台湾では専門家を除きほとんど顧みられていなかった。ある事件の調査をきっかけに近代の台湾の地理に興味を持った著者は、日本統治時代に作成された精密な地図に出会い、その魅力にのめりこんでいく――。

詳細な市街図をはじめ、先住の山岳民族の村々や行政区画、鉄道や道路・航路などのインフラ、精糖や樟脳などの産業用地など、さまざまな主題で描かれた貴重な地図と、資料的価値の高い多数の写真を含む180点以上の図版を収録。歴史地図を通して大日本帝国の台湾統治のありようと、現在まで続くその影響を読み解き、考察する一書。

〈おもな目次〉

日本統治時代の台湾地図を探して

【台湾平定篇】台湾の農村所在地と日清戦争の地図

【理蕃政策篇】地図の上の先住民

【行政区画篇】壮大な「大日本帝国台湾島予察地形図」

【都市計画篇】イデオロギーが主導した都市計画

【市街篇】西門町の「裏町人生」

【海運篇】二社競争下の日台命令航路

【築港篇】マングローブの干潟から南進基地の大本営へ

【鉄道篇】南北縦貫炉路が台湾人を作った

【水利篇】幸福なのは農民か地主か

【樟脳篇】台湾の樟脳――樟脳は血の代償

【砂糖篇】日本統治時代の台湾糖業地図は変化しなかった

【エスニシティ篇】台湾の客家は人口の何%か

【移民篇】日本人農業移民の大本営・花蓮

【中国篇】日本統治時代の国民党政府は台湾全図を出版したか

【鳥瞰図篇】鳥瞰図は絵か、地図か

【空襲篇】戦略爆撃に遭った台湾

【戦後篇】陳儀は親日派だったか

大日本帝国地図最後の一ピース

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]陸 傳傑(リク デンケツ)
陸傳傑:台湾の地名学や歴史地図を研究する編集者。地理雜誌『大地』編集長。著書に『稗海紀遊新注』(2002年中華民国文化部の金鼎賞(図書部門総合)受賞)、『南管賞析入門』(1995年金鼎賞(音声出版類)受賞)、1992年金鼎賞雑誌編集賞受賞、『図書台湾地名故事』(2013年読書年良書賞受賞)、『被誤解的台湾老地名』がある。

[訳]河本 尚枝(カワモト ナオエ)
河本尚枝:広島大学総合科学研究科准教授。
1989年、大阪外国語大学中国語学科卒業。台湾、日本での日本語教師を経て、2000年、龍谷大学経済学研究科民際学コース修了。2005年より現職。訳書に『躍動する青春――日本統治下台湾の学生生活』(創元社)がある。

  • 「地図で読み解く日本統治下の台湾」チラシダウンロードはこちら
    >>>PDF:4.57MB

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.