創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 精神分析・分析心理学・深層心理 > ユング心理学の世界

創元アーカイブス

ユング心理学の世界

樋口 和彦 著

刊行年月日:2019/07/17
ISBN:978-4-422-11707-2
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:272頁

格好の案内書が待望の復刊

ユングの生涯やユング心理学の成立過程、「元型」「コンプレックス」といった基本概念や夢分析についての解説に加えて、神話、童話、錬金術、東洋思想、宗教と心理療法との内的なかかわりを考察する。宗教から心理学の道に入った著者が長年の研究をもとに、いきいきとした筆致でつむいだユング心理学への誘い。「魂の医者」として生涯を送ったユングの多様な業績を、ユング派精神分析の第一人者が案内する格好の入門書。

「ユング心理学というのは別に体系だった学問ではない。しかし、やはり体系や構造があるように思う。概念なども固有の語彙や用語ももち、時に精神分析とは特に同一の用語を使いつつその意味内容が全く相違するという所もある。それに、その構造では、ある程度進まないと全く分からないというやっかいなことがある。ちょうどコンセントに電気を入れるとパッと全体が照し出される電気機械のセットのように、今まで部分が分かっていても全体がもう一つ分からなかったところが電流が通ると、一度にパッと分かるというような性質をもっているのである」
(第1章「ユング心理学との出会い」より)

第1章 ユング心理学との出会い

第2章 ユング心理学の成立
 1 プシュケー(魂)の医者
 2 ユングの人生と内的世界

第3章 ユング心理学の基本概念
 1 心の構造
 2 ペルソナ
 3 コンプレックス
 4 人間のタイプ
 5 シャドー
 6 元型
 7 アニマ・アニムス
 8 自己
 
第4章 ユング心理学と夢分析 
 1 夢とその解釈
 2 夢分析の実際
 3 心理療法としての夢分析

第5章 ユング心理学の展開
 1 童話と心理療法
 2 錬金術と心理療法
 3 東洋思想と心理療法
 4 神話と心理療法
 5 宗教と心理療法

第6章 ユング心理学研究法

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]樋口 和彦(ヒグチ カズヒコ)
1927年横浜に生まれる。同志社大学神学部・大学院神学研究科修了。米国アンドヴァー・ニュートン神学校よりS.T.M.(神学修士)およびD.Mim(神学博士)。京都文教大学教授。深層心理学、宗教心理学専攻。C・G・ユング研究所にて在外研究。1983年、ユング派精神分析家の資格を取得。
主著『ユング心理学の世界』(創元社)1978、共著『生と死の教育』(創元社)1985、訳書ユング編『人間と象徴』(共訳)(河出書房新社)1972、『結婚の深層』『自殺と魂』(共訳)(創元社)など。

banar

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.