創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 心理学 > 臨床心理・カウンセリング・心理療法 > 心理療法のポイント

心理療法のポイント

ケース検討会グループから学ぶ

藤山 直樹 監修 / 大森 智恵 編著 / 藤巻 純 著 / 吉村 聡 著

刊行年月日:2018/11/08
ISBN:978-4-422-11697-6
判型:A5判 210mm × 148mm
造本:並製
頁数:216頁

 ケース検討会グループとは、スーパーヴァイザーを中心に複数のメンバーが参加し、毎回、ひとりのメンバーによって提示されるひとつのケースを「グループ全体で」検討していくもので、さまざまな視点からコメントを得られる、というメリットの他、次のような点が最大の魅力となります。

①グループのメンバー同士が相互に影響し合い、学び合える。
②第三者に開かれる体験をもてる。
③グループ・ダイナミクスを体験し、そのなかでケースへの理解が深められる。
④スーパーヴァイザーをめぐるメンバー間の同胞葛藤に身を置き、そこで感じ考えることで自分を成長させることができる。
⑤心理臨床家としての横のつながりを作ることができる。

 このような「心の援助職」における研鑽へとつながっていくため、本書は七つの実際例で成っています。おのおののケースが【概要】【プロセスノート】【ディスカッション】という流れでライヴ感覚で深められ、それらを「発表者の感想」そして「スーパーヴァイザーのコメント」で、もういちど丁寧にくるみ直します。――各ケース検討の末尾に、そこでの着目点にまつわる【Q&A】が添えられます!

 これから社会の幅広い分野で活躍が期待される「心の援助職」が、実践のなかで切磋琢磨し実力を溜めていくために、こころ強い支えとなる参考書です。
 


プロローグ  (藤山直樹)  

序 章  
    ケース検討会のさまざま
    ケース検討会グループの現状
    なぜケース検討会グループなのか
    ケース検討会グループの実際
    本書におけるケース提示の構成

Case 1  
Case 2  
Case 3  
Case 4  
Case 5  
Case 6
Case 7

解 題 不快な集団に入る  (松木邦裕)

エピローグ  

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[監修]藤山 直樹(フジヤマ ナオキ)

[編著]大森 智恵(オオモリ トモエ)

[著]藤巻 純(フジマキ ジュン)

[著]吉村 聡(ヨシムラ サトシ)

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.