創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 文化・民俗・ガイド > コーヒーと日本人の文化誌

コーヒーと日本人の文化誌

世界最高のコーヒーが生まれる場所

メリー・ホワイト 著 / 有泉 芙美代 訳

刊行年月日:2018/06/25
ISBN:978-4-422-21018-6
判型:A5判
造本:並製
頁数:224頁

世界最高品質を生み出すカフェの人と歴史

アメリカの人類学者が長年の探求を経て独自の視点で描く、日本のコーヒーとカフェの文化誌。世界最高のクオリティーと賞賛される日本のコーヒーがどのように生み出されてきたのか、その理由を歴史・社会・経済など多角度から読み解く。明治時代のカフェ黎明期から戦後大衆化した喫茶店の歴史だけでなく、手仕事にこだわる職人やカフェ客への取材、現地フィールドワーク通して、現代都市風俗まで活写した、かつてないコーヒー文化論。

はじめに
第一章 都市空間の中のコーヒー――日本の都会に見るカフェの姿
第二章 日本のカフェと歴史――先入観を覆されるコーヒー文化
第三章 モダンを追い求める情熱工場
第四章 マスターたちの世界観――完璧さを実践しつづける人々
第五章 世界最高のコーヒーが生まれる理由
第六章 日本のコーヒーとは何か――現代のカフェで味わう食文化
第七章 都会の不思議な公共空間――家庭でも職場でもない第三の場所
第八章 自分だけの居場所を見つける
おわりに
訳者あとがき
極私的カフェ案内
参考文献
索引

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]メリー・ホワイト(ホワイト,メリー)
メリー・ホワイト(Merry White)
ワシントンD.C.生まれ。ボストン大学教授・文化人類学者。ハーバード大学卒業、同大学大学院修士・博士課程修了。主な研究対象は日本社会、都市空間、教育、食文化。1963年に初来日して以降、訪日を重ねて現地フィールドワークを続け、2002年から1年間、京都日本研究センターの客員教授として京都に在住。2012年にアメリカ最古の日本協会The Japan Society of Bostonより、日米相互理解に貢献したとしてJohn E. Thayer III Awardを受賞。2013年には、内閣府よりアメリカにおける日本研究の発展および日本紹介への貢献から、旭日中綬章を受章。日本の教育、国際化、食文化に関する著作・論文を多数執筆し、邦訳書『ママ、どうしてあんなに勉強しなくちゃいけないの』、『マテリアル・チャイルド 超消費世代』など著書多数。新聞、雑誌、講演会を通じて日本のコーヒー文化や喫茶店の紹介をするなど、コーヒーエキスパートととしても精力的に活躍中。

[訳]有泉 芙美代(アリイズミ フミヨ)
有泉芙美代(ありいずみ・ふみよ)
神戸市生まれ。中部大学国際関係学部卒業、南山大学大学院国際地域文化研究科博士前期課程修了。アメリカ文学専攻。『アリーナ』(中部大学出版)に書評を多数執筆するかたわら、翻訳業に従事。

2018/08/09
2018年6月刊行の『コーヒーと日本人の文化誌』に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。
訂正内容につきましては、こちらをご参照ください。 >>>PDF:184KB

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 今月の新刊
  • 来月の刊行予定
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.