創元社の本

ホーム > 創元社の本 > 歴史 > 日本史 > 蒲生氏郷物語

book

蒲生氏郷物語

乱世を駆けぬけた文武の名将

横山 高治 著

刊行年月日:2011/06/06
ISBN:978-4-422-20466-6
判型:四六判
造本:並製
頁数:168頁

↓ネット書店でのご購入はこちら
other other other other other other
お気に入りに追加 商品へのお問い合わせ

シェアする  sns  sns  sns  sns

幼少にして信長にその才を見出され、文武両道にすぐれた武将として戦国乱世を駆け抜けた「未完の天下人」蒲生氏郷。大将ながら戦場で抜群の槍働きをなし、平時は城下の整備発展に尽くしたという稀有の名将は、いかにして戦国の階梯を昇っていったのか。さまざまな史料を駆使しつつ、会津92万石の名宰相にして悲運の人・氏郷の生涯をドラマチックに描き出す。

第一章 湖国に華やぐ日野・蒲生家
   1 「荒城の月」ゆかりの会津鶴ヶ城
   2 戦国風雲の申し子
   3 蒲生の系譜
   4 栴檀は双葉より芳し
   5 近江源氏佐々木氏
   6 痛恨の後藤騒動

第二章 鶴千代、晴れの松坂初陣
   1 織田信長、近江に侵攻
   2 信長、鶴千代にひと目惚れ
   3 伊勢大河内城に初陣
   4 信長に従い各地に出陣
   5 戦国乱世の先鋒
   6 伊勢の関と神戸の両家
   7 伊賀天正の乱

第三章 信長、秀吉の天下布武
   1 本能寺の変
   2 日野篭城、秀吉に従う
   3 清洲会議
   4 伊勢路燃ゆ

第四章 松坂少将、戦雲・金鼓の夢
   1 松ヶ島城血戦と遷都
   2 松ヶ島懐古
   3 松坂開府
   4 松阪を愛した文化人
   5 氏郷はキリシタンか

第五章 みちのく鶴ヶ城の会津宰相
   1 会津転封
   2 みちのく転戦
   3 苦難の奥州平定
   4 鶴ヶ城築城
   5 会津の城下町づくり
   6 氏郷名残りの茶道文化
   7 会津の隠れキリシタン
   8 氏郷と政宗、宿命の闘い
   9 春の山風

第六章 悲愁、春の山風
   1 蒲生家残照
   2 秀吉による毒殺説
   3 晩歌

蒲生氏郷略年譜
蒲生氏真系
蒲生家一門略系図

あとがき

※著者紹介は書籍刊行時のものです。

[著]横山 高治(ヨコヤマ タカハル)
1932年、三重県津市生まれ。明治大学政治経済学部卒業。元読売新聞社会部記者。読売新聞大阪本社にて河内支局長、連絡部次長などを歴任。三重県平成文化賞、大阪府知事賞受賞。大阪歴史懇談会会長。
著書:『伊勢の津 歴史散歩』『藤堂高虎』『北畠太平記』『北摂歴史散歩』など多数。

関連書籍

ページ:1 / 1

トップへ戻る

この商品についてのご意見、ご感想をお寄せください。

レビューを書く

トップへ戻る

menu 創元社の本
  • すべての本
  • 宗教思想
  • 歴史
  • 文化民俗ガイド
  • 心理学
  • 教育福祉
  • 社会ノンフィクション
  • ビジネス
  • 自然科学医学健康
  • 語学
  • 文学エッセイ
  • 芸術趣味
  • 関西大阪の本
  • 電子書籍
  • オーディオビジュアル
  • オンデマンド
  • グッズ
  • アプリ
  • 最近出た本
  • これから出る本
  • 著者一覧
  • 訂正のお知らせ
目録請求
Copyright © 2017 SOGENSHA Inc. All Rights Reserved.